Photo

観光客に優しいようでいて実は優しくない街 京都 其の一

まず初めに、
昨晩2時間掛けて書いた記事が一瞬のうちに消えたので
いくつかに分けて書くことにします。

梅雨入り前に、
新緑に身を置きたい、
そうだ、京都へ行こう!!!
という事で急遽京都へ。
ギリギリまで行かれるか調整中だったので
1泊と半日の強行スケジュール
宿も2日前の深夜にネットでようやく確保、
という有様。

京都駅へ到着後、
真っ直ぐ宿へ。
ネットで予約したお宿は
京町家旅館さくら
Kyoto_2010_019 京都駅から歩いて10分程
西本願寺のすぐ傍です。
むむむ、直接予約の方が安かったかな?
まぁ、いいか。

Kyoto_2010_017

こちらでWelcomeTeaを頂きました。Kyoto_2010_018 無料のインターネットPCは2台。

ここから京阪本線の七条駅まで徒歩横断!!

Kyoto_2010_020 これ別に速過ぎて撮れないのではなく、機能が古くてシャッター速度が
遅いのですよ!!!

出町柳で乗り換えたのは・・・

Kyoto_2010_023そう、叡山電鉄比叡線!!!

Kyoto_2010_024 そう、目指せ鞍馬山!!!

Kyoto_2010_025 到着!!!

Kyoto_2010_026          
                      巨大な天狗がお出迎え
                 意外と皆さんここで写真撮ってなかった。

Kyoto_2010_029  こちら、入山料ではなく「愛山料」を
支払います。
「愛山」というネーミングがいいですよね。
喜んで払いたくなります。

Kyoto_2010_032 ケーブルに乗車。100円

Kyoto_2010_033

Kyoto_2010_036 木漏れ日が気持ちいい~
Kyoto_2010_038                     はぁ~癒されるぅぅぅぅぅぅ

なんだか知りませんが観光客がみんな、この中心部に立って記念撮影中。
折角なので長蛇に加わり撮影。5分以上並んだように思います。
で、果たして何なのか?Kyoto_2010_039

Kyoto_2010_040

Kyoto_2010_041

Kyoto_2010_042 ここを登り。

Kyoto_2010_043                          ここも登り
Kyoto_2010_045 義経公を感じられる場所が

Kyoto_2010_046
ここも何故だか多くの観光客が祈ってました。
パワースポットなのでしょうか?
でも私にはその人達の「気」、いや「凄まじい気」しか感じられず
足早に退散。

Kyoto_2010_047 ここにも義経公の足跡が。

Kyoto_2010_048
              私にはこっちの方がずぅ~っとパワーも貰え
              癒されます。

Kyoto_2010_050 ここは山中のお堂の地面

Kyoto_2010_053

Kyoto_2010_054 根っこが素晴らしい。
かなり歩きにくくはありますが、
これぞ自然美!!

Kyoto_2010_056
Kyoto_2010_057 不思議な絡み具合。


Kyoto_2010_059 貴船に到着!!1時間掛からなかったように思います。
でも時間は参考にしないで下さい、何せ歩くの早いので。

Kyoto_2010_060 途中からこのせせらぎが聞こえ更に早足に

Kyoto_2010_061
                        貴船神社へ

Kyoto_2010_062

Kyoto_2010_064

貴船神社といえば
「水占いおみくじ」
200円
Kyoto_2010_065
水に浮かべます。

Kyoto_2010_066
                      こんな感じ。

Kyoto_2010_067 暫くすると文字が。小吉だったので結んで来ました。

Kyoto_2010_070
                         相生の木

Kyoto_2010_071 ここを通り、貴船神社奥宮へ。
地味でしたが、縁結びだそうで、お参りしました。

Kyoto_2010_072

が、私のココロはこちら!!
Kyoto_2010_073
足を拭けるだけのタオルを持参していなかったので、手を浸すだけで我慢!!!

Kyoto_2010_074
Kyoto_2010_075あああ、癒されるっ!!!

Kyoto_2010_068 そう、貴船といえば「川床」&「川床料理」
でも正直、全く美味しそうに見えないのですよ。
それに今回の第一の目的とも言うべき
行きたいお店があるのでここで食事はせず、
けれど川床体験はしたい・・・

そんな私にぴったりの店が
最初の貴船の橋のそばに甘味処が。
品物は500円、川床料500円

Kyoto_2010_080
黒蜜杏仁。
安いですし、
多くを期待してはいけません。
一応「川床」体験です。
先を急ぐのですぐに出ました。






Kyoto_2010_081貴船駅までは歩いて20分だそうですが、
歩いていては間に合わないかな、
と考えたまさにその時、
バスが到着、160円で乗りました。
貴船駅。

狭いホームには
「鞍馬方面行き乗車口」「出町柳方面行き乗車口」が1箇所ずつ
長蛇に。

Kyoto_2010_082
が、電車が近づいたら
「足元のこれこれの印のところからも
乗れます」
ってオイ!!!
混む前にアナウンスせよ!!
ほぼ待っている順に乗車できたからいいものの、
だいぶ後の人が先に乗車して着席した暁にはアタシャ荒れてましたよ!!











鞍馬、良かったです、
「義経スピリット」を体感。
次回は、貴船→バスで川床地帯へ→甘味→入山→鞍馬→鞍馬駅から無料送迎で温泉
というコースにしたいです。


 

| | コメント (2)

SAKURA、桜、咲くら。

April_2010_018

April_2010_020








舞う、舞う、舞う。










April_2010_057

                    水面に映る

April_2010_059







鳩と桜。














April_2010_060
                     其の二

| | コメント (0)

残念なお知らせ。

以前とある舞台人に
好意で写真を撮って差し上げ、
出来に満足した本人からの要望で
「記念に」ということで
お譲りした写真が
無断でその人のかなり公のモノのに
使用されていました。
勿論クレジットはなし。
同じ人が
今度はメールで使用許諾を
かなり軽い文体で
送りつけてきました。
(私からしたら「送りつけて」という印象)
逡巡するのも自然でしょう、
なんといっても初回が初回ですから。
でもあまり無下にしても、と
仏心を出して
「クレジットをいれてくれのかしら?」
返信すると、
逸れに対して返信はなく、
一方的に
「結局使わなくなりました。」
一応謝罪とお礼が記してあったので
まだ救われましたが
やはり気分を害されたことには変わりなく
表題の言葉に。

好きで写真を撮っている
ときも多いですが、
それでも配慮のない使われ方をするのは
哀しくなります。

| | コメント (0)

今年的雪滑!!

我去過蔵王!!
天気很好!!

End_of_09_to_new_year_2010_010
看到很遠!!

End_of_09_to_new_year_2010_011

我們説「無雹」

End_of_09_to_new_year_2010_013

End_of_09_to_new_year_2010_017
這是很有名的「樹氷」


End_of_09_to_new_year_2010_019








さてさてお馴染みの「食」
民宿おくむらのラーメン
懐かしい昔風のラーメン
ちょっと胡椒が強すぎでしたが、
チャーシューも柔らかく美味しかったです。

そして、以前もご紹介させて頂いた
音茶屋
End_of_09_to_new_year_2010_027
チーズケーキと珈琲
珈琲は変り種2種にしました、
ウガンダコーヒーともうひとつは何だったか・・・
美味しかったです!!

更に、
スタッフの方のお知り合いの農家の方が作られたという
End_of_09_to_new_year_2010_028
乾燥林檎
これが、しっとり、
そしてとぉ~っても甘くて美味しかった、
ありがとうございました。


禁煙席がないのですが、
ご配慮頂きました、
重ねてお礼申し上げます!!!

仙台在住だという絵本作家の素敵な絵も
沢山飾ってありました、
あぁ、名前を忘れて検索出来ない・・・


居心地のいいお店です。


End_of_09_to_new_year_2010_022
温泉三昧の駆け足の旅でした。

|

香港を歩く

Hongkong_09_016_blog







Hongkong_09_020
Hongkong_09_022
Hongkong_09_025_blog

Hongkong_09_026_blog
Hongkong_09_027_blog







Hongkong_09_029_blog
Hongkong_09_030_blog
Hongkong_09_036_blog
Hongkong_09_037_blog








Hongkong_09_032_blog
Hongkong_09_045_blog

Hongkong_09_046_blog
Hongkong_09_047_blog
Hongkong_09_048_blog






Hongkong_09_049_blog
Hongkong_09_050_blog
Hongkong_09_051_blog
Hongkong_09_052_blog






Hongkong_09_053_blog
Hongkong_09_056_blog
Hongkong_09_058_blog






|

浅草散歩とモスリラ

モスリラを観劇しにアサヒアートスクエアに行く前に
浅草散歩と決め込みました。

お目当てはこちら
24_sep_09_030
珈琲天国
ここは穴場かな?と高をくくっていたら
行列でした。
(方方のお店が長蛇でして・・・)
お店が狭いからなのですが、
ちょっとビックリ
有名店なんですね。

こちらの名物は「ホットケーキ」
24_sep_09_028
ふわっふわ
ホットケーキを売りにしているお店
何店舗かいったことがありますが、
初めて納得の味かも!!
このふわっふわ感はお家ではだせません。
しかも大概、
ホットケーキミックス使ってる?
というような甘ったるい味ですが、
ここは変なバターっぽさ、
甘さ、粉っぽさもなく
美味しいです。
珈琲とセットで900円
お会計の時に見たら、
銅版で焼いてました。

24_sep_09_029




行きがけに見つけたお菓子屋さん「LISZT」へ
オレンジピールもピーカンナッツ(キャラメル)も
美味しかったのですが、
手持ちが少なく、
リーフパイのみ購入
24_sep_09_031
厚めのサクサク



色んなお店物色
路地もうろうろ

24_sep_09_033
24_sep_09_036
24_sep_09_055







行列の焼売屋さん「セキネ」発見
24_sep_09_032
肉万を購入
が、中身が少ない、
肉の臭みあり、
肉汁少ない
とダメ尽くし。
ここで改めて小倉の肉万の美味しさを
再確認

浅草寺の本殿は改修中
側で灯篭祭?を開催中
近隣のお店のものだけでなく、
歌舞伎俳優や演歌歌手の顔の灯篭もあり
そんな中こんなものも
24_sep_09_034
24_sep_09_035
でも、何故?






う~ん時間が余ったどうしよう、
なぞと思っていたら、
瀬戸物屋で予想以上に時間を費やし
買ってしまいました。

最後にダメ押し?でもう1品お腹におさめてから
劇場へ

選んだ1品はこちら
24_sep_09_040
冷やし鯛焼
チョコレート味
まぁ、不思議な感じ。
やっぱり普通に温かいモノの
方が美味しいですかね。
でも、面白い食感でした

いい時間になったのでアサヒアートスクエアに
モスリラ
拝見させて頂いた回は
アキラ・・・新宮乙矢
なつき・・・松下恵
 守  ・・・高杉瑞穂
オリオンビールを片手に観劇
珍しく、
ほとんど動かないオーソドックスな形式の
朗読劇
大好きなKAKUTAの朗読劇は動いても
いや、動いてこそ素敵に仕上がってますが、
それ以外の動く朗読劇は
それこそ「無駄に動く」ことで
作品の輪郭がブレ、
好きではないので
今回のこのオーソドックスな形式は
見ていて安心。
後半、話が展開し続けてからが
更に面白さが倍増
この辺りから映画を見ているような感覚に
言葉が映像でふわぁ~と流れ出る感じ
脚本の力でしょうね。
しかも、最後の最後、
予想外の結末に
謎の部分を残しつつも
それがまた余韻を残すカタチなので
観劇後、
ハナシに花が咲きます。
音楽の使い方も素敵でした。
作・演出は「258」で硬派な作品を
描いた林竜之助さん
今回は切ない人間模様を描いてました。
全く違う作品ながら、
いや、違う作品だからこそ、
林さんの力を感じました。
毎回、プロデューサーの目の付け所にも
感心させられます。

心地いい気分なのですぐに電車に乗るのが
勿体無い気がして
夜の浅草を散歩

日中は激コミだった仲見世通りが嘘のように
閑散

24_sep_09_042

24_sep_09_043
24_sep_09_044
24_sep_09_045
お店のシャッターには
浅草の風物詩が描かれてました。


24_sep_09_047
24_sep_09_056

灯篭はこんな感じ
24_sep_09_054
24_sep_09_057







伝法院通りのシャッターは
何のお店かを絵で表現
24_sep_09_051
24_sep_09_052






素敵な洋食屋も見つけたので
また浅草を訪れる楽しみが出来ました。

















|

散歩日和 七月篇 

灼熱の太陽の下、
た~っぷり歩いて光合成!!
萎えたココロもちょっと充電

散歩中に発見したモノたち

21_july_09_015
飛行船
予想以上のスピードで
すいすい進み気持ちよさそうでした
21_july_09_016
ヒルサイドパントリーのアイスクリーム
「ミルク」味
あっさりしてるかと思いましたが
程よく濃厚



アボガドバーガーが食べたい!!
と空腹を我慢して念じながら歩いていたら、
遭遇!!(以前はイタリアンだったはずの場所に)
21_july_09_017
J's BURGER
アボガドバーガー 1,000円弱
肉肉しくないバーガーは
私にはちょっと物足りなかった
どうやら禁煙席はない感じ?
テラスで喫煙しだした人がいたので
堪らず早々と店を出ました。


21_july_09_018
21_july_09_019

わかりますか?
緑の虫がぶら~んぶら~ん




21_july_09_020
Bunkamuraのショーウィンドウ
ウィンドウ毎の可愛らしい世界が





21_july_09_021
久々に夕焼けを見た気がします
公園でぶらんこに揺られてみました


21_july_09_022 君島十和子がプロデュース?した水
ノアージュ
パッケージで「炭酸水」と間違って購入
微妙に「スイカ」の味
正直、一口目は「まずッ!!」と思ったのですが、
なんだかんだで、ちゃんと飲みきりました。
スイカは美容にいいらしいですよ。


これは別な日に川面に映る雲
21_july_09_008


今週は天候がすぐれず残念。
でも光合成した日は張り切りすぎて
肩が真っ赤に日焼けして未だに少しヒリヒリします。

充電が切れちゃうよぉ~

| | コメント (0)

横浜満喫散歩

久々に横浜元町へ
外国人墓地脇の急勾配を期待感と共に
登りました

23_may_09_013
マンホールの蓋も洒落てる!!

23_may_09_027
外国人墓地の入り口
でも今回は中には入らず







まず最初の訪問地は山手資料館
入館料200円
23_may_09_015

見事に薔薇が咲き誇ってました

23_may_09_016

23_may_09_017



庭は自由に入れます、
資料館で外国人墓地へ眠る偉人の写真、
この周辺の学校の歴史?などが興味深かったです

さてお次は「エリスマン邸」(無料)
23_may_09_018
テラスからの眺め

森の木々の間から見えるビルの右隣に
マリンタワーが




3軒目はお隣の「ベーリックホール」
23_may_09_020
ここでも薔薇が満開

23_may_09_021
鏡に映る窓に魅せられて

23_may_09_022
こんな窓がほしい・・・
昔を偲んで勝手に再現した
室内はセンスよくまとまってます。
寝室各部屋にバスルームが備えてあるのが、
西洋風を実感させられます。







Lunchの前に甘いものを補給

23_may_09_024
気持ちのいい天気ですし、
喫煙者もいなかったので、
テラス席を貸切!!
えの木てい
お勧めの「ショートケーキ」
スポンジがパサパサしてるように
見えたのに、
いえいえ、しっとり。
クリームも甘すぎず、
美味!!
2Fにテイクアウトコーナーが、
こりゃ~期待できるぞ、と
2Fへ

23_may_09_025
気になるものは沢山ありましたが、
散歩は始まったばかりなので、
持ち歩けない為、
お店の人に伺って、
代表作のチェリーサンドに
レーズンウィッチのチェリー版
これまたクリームが上質、
クッキーもサックリ!!
1個230円かな?
いやぁ~、美味しくて、
もっと食べたい!!

さ、甘いものを補給したので、
散歩を続けます。
岩崎博物館の前を通り過ぎ、
イギリス館(無料)
23_may_09_029

23_may_09_030
郵便受けも洒落ており、
異国情緒漂います






またまた、薔薇を見ながら、
大佛次郎記念館」へ(500円)
作品は読んだことありません。
2Fに展示してあった猫を飼うルール?のコラムが
可笑しかった。
2Fには鎌倉の書斎と寝室も復元
1Fの床と、
吹き抜けホールの電気の傘の上の猫の飾りは必見!!
作品、読んでみます!!

近代文学館へは行かず、
港の見える丘公園へ
23_may_09_031
ハレーション起こして見辛いですが、
ベイブッリジも

ここも薔薇尽くし23_may_09_034









岡村孝子の
♪あれが異人館で
それから長く続いた坂道・・・
と小声で歌いながら
フランス山へ

23_may_09_035



23_may_09_036
階段を下りて
元町へ






元町商店街をぶらつき、
こんな物を発見
23_may_09_037
23_may_09_038
23_may_09_039








そして、いざ、中華街へ
23_may_09_040
天后宮

23_may_09_041
変な時間に昼食
ちょっと離れた所にOpenしていた
台湾屋台「生福園」へ
かなり狭い店内、
台湾人で混雑していたので、
少し散策してから戻ると
先客は去ってました。
23_may_09_042
ちょっとしょぱっかた魯肉飯500円は
それでも、
台湾の味!!
懐かしい!!




菜香でお土産を買って
中華街を出発

次の用事までもう少し時間があったので
赤レンガ倉庫へ

23_may_09_044
これもベイブリッジが分かり辛いなぁ・・・




そして夜はお世話になっている方と久々に飲むのに、
「桜木町で美味しいお店教えて」
由美ちゃんにSOS電話をしたら、
来てくれました由美ちゃん!!
第一候補が貸切だったので、
「三年や」へ
生レバー、ステーキ、餃子ほか
どれも美味しい!!
オリジナル焼酎もあり、
最後は鱒?酒を
23_may_09_045

陽気な店主の橘さん交え
大いに喰らいました。
由美ちゃんのテリトリーだけに
いつもより饒舌で、
店主に鋭く突っ込む由美ちゃん
素敵でした。
楽しかった、
ありがとう由美ちゃん!!
そして、お姉さまがご馳走して下さいました、
ありがとうございました!!

ずっとずっと歩きっぱなしの横浜、
200%満喫しました!!

あ、既にえの木ていのチェリーサンドが恋しい






















| | コメント (3)

GW散歩

雨と晴れのGW散歩

まずは雨にも負けず洗足池
知人が、
ここの祠かどこかに願掛けをして叶った
と言っていたように記憶しており
足を運びましたが・・・

Gw_09_027

Gw_09_028
名馬「池月

Gw_09_029
池には巨大な鯉がわんさかッ!!







Gw_09_030
鳩がのんびり

Gw_09_031 水生植物園にはおたまじゃくしが

Gw_09_032








Gw_09_035
隣接するお寺?の竹林
今年の筍がこんなに大きく
こうやって成長していくんですね!!





あ、祠はどれのことやら全く分からず、
願掛け出来ず・・・
でも、勝海舟夫妻のお墓もありました。

そして、散歩日和の日には
泉岳寺

16_may_09_018



16_may_09_019



先日、池宮彰一郎の「最後の忠臣蔵」を読んで
行きたかったのです。
以前、一度来たことがありますが、
赤穂義士記念館が出来てました。
入館料500円
小さくまとまりすぎで物足りなさが否めませんが
遺品?などはちょっと感動
説明も分かりにくいかも・・・

16_may_09_020
大石内蔵助の銅像

16_may_09_021

16_may_09_022
主税の梅


写真は撮りませんでした、
首洗い井戸の後ろに
川上音二郎建立の碑が!!

16_may_09_025 四十七士墓所の門

お線香を販売していたので
購入
16_may_09_023
1束100円
風情あるお姿!!

16_may_09_024
竹の入れ物へ
100本強入っているらしいですが
まちまちだとか。
1墓3本ずつ備えていた方が、
「足りない」と途中で嘆いてました。
ちょっと神聖な気持ちになりました。


16_may_09_026
わかり辛いですが、
瓦のなんていう名称なのか
円い縁に「泉岳寺」と書いてあります。


16_may_09_027
裏の路地

16_may_09_017

これは「ぐみ」でしょうか、
透明感のある「紅」が鮮やかでした。





16_may_09_005
祐天寺へお墓参りにも行きました

16_may_09_007 どこだか分からなくなっていた
現代彫刻美術館を偶然発見!!
立ち寄る時間がなかったので
近々行きたいです





本当は遠出したかったのですが、
叶わず・・・













| | コメント (0)

お花見 第3弾

夜桜見物ぅ~!!

Hanami_in_the_night_007









Hanami_in_the_night_006

月と桜







Hanami_in_the_night_014


Hanami_in_the_night_015




Hanami_in_the_night_016








Hanami_in_the_night_020










Hanami_in_the_night_021

増上寺






もう少し楽しめますかね?



| | コメント (2)