芸能・アイドル

やっぱり、好き!!

時間をなんとかやりくりして、
観ました、
2本!!

まずは、「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
原題: 復仇、英題: Vengeance
大好きな俳優、AnthonyWong(黄秋生)出演。
香港映画でのっけからフランス語と北京語が流れるのが
まずは新鮮。
物語りもちょっと意外性のある流れ、設定で
香港映画のふり幅の大きさを感じました。
脚本は若干矛盾があるものの、
それでも笑いと涙もあり、
ただの垢抜けない、血なまぐさいドンパチ映画に
ならないところが良いのです。
中華系映画のもうひとつの楽しみは「食!!!」
今回はなんとフランス料理。
これがまた美味しそうで、
勿論作っちゃいました。
(詳しくは別な機会に)
そしてそして、またまた素敵な俳優発見、
発見でなないか、以前からちょっと気にはなっていましたが
本格的に射抜かれました、Heartを!!!
林家棟(LamKaTung)←Wikiは香港版
ブログはこちら
今までは結構嫌な役で多く目にしていた気がしますが・・・
兎に角素敵です、
色気出しまくりのAnthonyと並んでも引けをとらない!!
(因みにもう一人Sexyが代名詞のサイモンヤムはくどかった・・・残念)
今後、より注目です。
エンドロールを見てハタ、と気づいた
「EnglishVoiceActor」カテゴリー違ったかもしれません
TerenceYin」の名が
そうか、S嬢が言っていたのはこれだった、と。
時既に遅し、
どの声か全くわかりませんでした。
普通に出演してほしかったなぁ・・・
不遇な俳優Terence
それはさておき、
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
予想以上の収穫があった作品でした。

そしてこれまた予想を超えた
素敵な作品だったのが
トロッコ
ちょっと思い出すだけで、うるっときます!!!
これは本当に多くの方にご覧頂きたいので
詳細は控えます、
ただ、「台湾人生」でも完全には解明されなかった
日本統治時代を生きた台湾人の年配の方の
想いがよりわかりやすく感じられました。
大好きだった花蓮での撮影だったようで、
ああああ、行きたい!!!
出演者も面白い、
なんと烏龍茶の宣伝で話題?のチャンチェンの実兄や
これまたが踊っちゃうハンサム「ブライアン・チャン
子役兄弟の弟は非常に可愛いのですが、
兄役が栗山民也にそっくり!!!
不憫な程似ている
ここで確かめてみてください
個人的には本当涙が止まらなかった・・・
また、観たいかも。

はぁ~、やっぱり香港映画と台湾映画
好きです。




| | コメント (0)

2010年春の観劇日記

大好きな野木萌葱さん脚本の「棄憶
今回は、演出も、劇場も、メンバーも(一部同じ)変わり、
全く別物でした。
青山円形劇場だったので、
舞台装置も削ぎ落とされて
「密室」感は弱まったものの、
それでも正直前回より分かり易くなっていたと思います。
はえぎわノゾエ征爾さんは
知的に仕上げてきました。
はえぎわは見たことがなく、
勝手にどうしようもない人間模様を描く
嫌いなタイプの芝居かな?
と敬遠していましたが、
きっとどうやら違うのでしょうね。
若干滑舌の悪い部分もあったものの、
野中隆光さんが気になりました。
これまた、重い腰が上がらないばっかりに
未だ観ていない「The Shampoo Hat」の主宰なのですね。
ちょっとテレンス・インに似ているのが
気になる理由なんですけど…

そうそう、物凄く面白かったのが
NECK
どうなることやら
一緒にハラハラ、ドキドキ。
天晴れ、河原雅彦!!!!
舞城王太郎作品は好きではありませんが、
河原さんはグロイ作品も
スタイリッシュに観易く仕立ててくれます。
俳優としてもきらりどころの光り方じゃない、
ゆるぅ~く、
いつのまにか美味しいところ持っていくカンジ。
溝端淳平君が健闘、
逆に、TeamNacksの森崎氏が写真と別人っぷりにも
声の耳障り加減、滑舌悪さ度、と
非常に残念な結果。
鈴木浩介市川しんぺー両氏は
予想を裏切らない。
観て良かったぁ~、と思えた作品。

久々に観たCLUB SEVEN 6th
基本的に内輪ネタ的なものは嫌いですが、
それでも笑いだけでなく
しっかりとした「技」を持った皆さんでの公演、
「ウーマン・イン・ホワイト」では
どうも上手く聞こえなかった和音美桜嬢、
申し訳ござません、
ドスの利いた低音から透明感のある高音まで
変幻自在に操り、
素晴らしかったです。
美羽あさひ嬢のバレエも素敵でした。
中塚皓平さんの踊りは群を抜いて美しいです。
休憩なしでもっとコンパクトだったらよかった、
と思うのは私だけでしょうか。

なにはともあれやっぱり好きな
タテヨコ企画
「ウツセミウツラ」
全体の印象としては「好き」でした。
でも、人と話しをしていたら、
そうか、と思わせられる弱点も多々・・・
それでも、なんだか好きなのですよ。
舞台装置がまた良かった。
西山竜一さんが今回も(前回も、そのずっと前も)良かった。
彼は色気があるのかな。
お、前回とその前にもイイと思ったよな、
と記憶してましたが、
どうやら、2回どころじゃないらしい、
3年前にも。
タテヨコ企画の10周年記念公演が終了だそうです。
夜まで待てない」が1番好きだったかな。
次回にも期待!!!






| | コメント (0)

自分、凄い。

今、サントリーの烏龍茶のCMを見ていたら・・・
むむむ????と思い早速検索・・・




きゃ~ぁ、「自分、凄い!!!!」

そう、あのCMの髭を蓄えたイケメンは
台湾の俳優、
張震!!!!
私の中では真っ先に
「グリーンデスティニー」の。
なのですが、
そうか、きっと最近は
超○作映画「レッドクリフ」の、なのでしょうか。
でも40代以上の香港映画ファンにとっては
「ブエノスアイレス」の。
なのでしょうね。

いやいや、兎に角格好イイ!!!

さぁさぁ、盛り上がれ台湾映画!!!

サントリー烏龍茶CM(いつまでリンク可能かは不明)

| | コメント (0)

残念なお知らせ。

以前とある舞台人に
好意で写真を撮って差し上げ、
出来に満足した本人からの要望で
「記念に」ということで
お譲りした写真が
無断でその人のかなり公のモノのに
使用されていました。
勿論クレジットはなし。
同じ人が
今度はメールで使用許諾を
かなり軽い文体で
送りつけてきました。
(私からしたら「送りつけて」という印象)
逡巡するのも自然でしょう、
なんといっても初回が初回ですから。
でもあまり無下にしても、と
仏心を出して
「クレジットをいれてくれのかしら?」
返信すると、
逸れに対して返信はなく、
一方的に
「結局使わなくなりました。」
一応謝罪とお礼が記してあったので
まだ救われましたが
やはり気分を害されたことには変わりなく
表題の言葉に。

好きで写真を撮っている
ときも多いですが、
それでも配慮のない使われ方をするのは
哀しくなります。

| | コメント (0)

謝謝!!拝拝!!

かれこれ早4年のお付き合いの
ipod touch
世の中、iphoneが席捲中ですが、
超アナログの私はTouchさえ恐らく機能の10%しか
使用出来ていないはず・・・
で、本当に単純に音楽を聴くだけですが、
私と一緒にアジアを旅しているこの子
イヤフォンの終い方に問題ありの私、
というか実は昨年半ば、
いや昨年から?ずっと使用していなかったので
久々に引っ張りだしたら、
なんと耳に入れる部分のラバー部分が溶けてました・・・
しかも、こんな状態
Vdfeb_10_019
Vdfeb_10_018 ということで、巻き込み式のモノを購入しました。
以前も上のようになり、
こちらは2代目でした。
2年程は活躍したのかしら、
辛苦了!!!

アナログな私とi touchの出会いはこちら
あ、そう云えば
この縁を結んだ友人
久々に、
偶然街で遭遇!!!
1児の父になったそうです、
おめでとうございま~す!!

最近のお気に入りの曲は
張智成(Zhang1 Zhi4cheng2)
アルバム「暗戀」の中でも
可愛可不愛、謝謝、KEY OF LOVE
あああ、でも他の曲も捨てがたい・・・
彼、マレーシア人だったのですね、
確か、台湾か香港に行った際にMTVで見掛け
CD購入し、最近ようやく聴いた次第です。
良いと思って買ったはずなのに、
取り込んで聴いた最初は「失敗」
と思ったのに
聴くごとに好きになりまして、
ずっとこればかり聴いてます。

それからたまに聴くのが
方大同(KhalilFong)
の月亮代表我的心
テレサ・テンの歌が有名ですが、
私はかつてF4コンサートCDで言旭承が
歌っていて、
気に入ったのですが、
F4のコンサCDはLive版なので
肝心の曲までに長いMCがあり・・・
ということでこちら
でもこのKhalil版はかなり編曲してあるので・・・
微妙ではありますが。
しかも、またまた謎解明
ハワイ出身の華人なんですね、
癖のある北京語、
EnglishSpeaker?のわりに
変な英語、の理由わかりました、
Wikiにもご丁寧に「ハワイ英語」と書かれてますから!!!

あ、陳坤の新CD、
新加坡から来日した友人に買って来て頂いたので
取り込まなきゃ!!!
新加坡では中国人のCDは入手困難ということで
相当探してくれて
小さな小さなCD店でめでたくGetだったそうね。
謝謝!!!!

新しいイヤフォンで楽しみます!!!

|

09年冬の香港

えええ、長らく更新せず心配下さった皆様
すみません、
ありがとうございます。
クリスマス準備の香港へ行っておりました。
3泊4日
はぁ~、あっという間!!
短い、短すぎる!!!

旅程
1日目
成田を朝出発し昼過ぎ香港着
台北からの友人を空港で待つ間
許留山での1食目で憤慨し
予約したリムジンで優雅に
旺角のランガムプレイスへ
暫し休んで
尖沙咀のHerbourCity(ハーバーシティ)へ
友人と待ち合わせを決めて別行動
私はLaneCrawford(レーンクロフォード)、
JOYCE(ジョイス)などを足早に見て
お気に入りの雑貨屋G.O.D(ジーオーディー)を
探すも見つけられず
集合のMarks&Spencer(マークス&スペンサー)へ
インフォメーションで「G.O.Dはどこ?」
「移転しました」
「どこに?」と移転先を確認し
移動開始、
開始はしたが道を歩けばSaleの文字が氾濫
すんなりは辿りつけません。
DKNYで散財し
お目当てのSilverCourtへ
地下のフードコートで腹を満たしてから
G.O.Dへ
早速お土産を買い込み
ちゃんと夕食を食べに
天香樓へ
が、しかしガイドブックに書いてあった時間より
LOが早く入れて貰えず・・・
ということで一度ホテルへ戻り
甘いものを食べに歩き出したら
とんでもなく逆方向へ歩いていたようで
警察官に道を尋ね無事軌道修正
店じまいを始めた女人街を通り歩き進める
が、歩けども第一目当ての店は無く・・・
とそこへ撮影クルー発見!!
(えぇ、自慢じゃありませんが、私、來香の度に
撮影現場に遭遇します)
ずんずん進むと
きゃぁ~きゃぁ~きゃぁ~!!!
エリック様が撮影中!!
何を血迷ったか「サイモン・ヤム?」と発し
友人に酷く責められましたが
エリック様、お許し下さい。
周りの記者らしき人に尋ねると
エリック監督の作品だそうな。
會志偉(エリック・ツァン)
香港の名優、名プロデューサーです。
古いところで言うと名作「ラブソング」の
背中にミッキーマウスの刺青入れてるマギーの恋人
ここ数年の代表作と言えば「無間道」シリーズ
最近で言えばジェイ・チョウの「カンフーダンク」に出演し
台湾映画「九月に降る風」ではプロデューサー&出演も
暫し撮影を見学し甘味屋探しを続け
石磨坊へ
お腹を存分に満たしたところで
ホテル側でマッサージ屋を探し放浪
時は午前2時かな?
ようやく探してマッサージを受け
ホテルへ
就寝

2日目
朝から香港島へ渡り
陸羽茶室で朝飲茶
洋服やを物色しながら
ヒルサイドエスカレーターへ
ちゃんと上までいくのは初めて?
雑貨屋を探しつつ迷い
LemonExchangeで栄養補給しつつ
散策
ハリウッドロードを歩きキャットストリートへ
また、中環へ戻り
品薄なHMVにがっかりしつつ
アルマーニでお目当ての物を買い
友人が待つアルマーニのカフェで
ようやくイケメンに遭遇し暫し眼福に浸り
体調の優れない友人とまたも別行動
銅鑼湾へ移動し
前々から探せないRubyLeeを探すも
何分歩けども何人に尋ねても
ガイドブックの住所に店は存在せず・・・
諦めて自然素材の洋服屋へ移動
パンツを数着試着し購入
95%位綿!!
Saleなので3着買っても7,000円以下
LeeGardensやG.O.Dへ行き
結局は市場脇のJardine'sCrescentの露天で
細々買い込み
少し復活した友人と尖沙咀で合流すべく
九龍島へ戻る
重慶大厦の2Fに出来たというCKEShoppingMallで
甥っ子への可愛い服をGetし
数年前に移転したHMVでしこたま買い込み
待ち合わせのDFSギャラリエへ
改装中で狭くなっており収穫ナシで
夕食へ
前回泣きながら食べた思い出の?
王子飯店へ
そのままペニンシュラへ移動し
念願のFelixへ!!!
ちょっと失望しつつ、
素敵なトイレにテンション上げて
満腹を解消すべく彌敦道(ネイザンロード)を歩き
マッサージ屋へ
タクシーでホテルへ
午前3時頃就寝

3日目
ややゆっくり起床
1人でまだ殆ど開店していないランガムプレイスを見た後
花園街の露店街へ
こちらは果物屋→子供用品が多く
建物の店は洋服屋が多いです
日本では滅多にお目にかかれない
マンゴスチン
最安値の店を吟味し数個購入
友人と合流し香港仔魚蛋粉で昼食をとり
露店エリアで繁盛していた甜心屋でエッグタルトを購入し
その先の万頭屋で南瓜万頭を購入し
再度女人街へ
牛乳プリンで有名なマカオが本店
義順牛奶公司へ
MTRで尖沙咀へ移動し
(ここで激イケメンに遭遇し・・・
まぁ、「格好よかったよねぇ」と想い出に浸るのみですが)
ペニンシュラのカシミヤ屋へ行くはずが
激安ブランド店いやブランドビルを発見し
予定外に長居
ここかなりお勧め
友人はバランタインのセーターを多量買い
私はPRADAの靴を買いたかったのですが
(だって1万円ちょっとだったんですよ!!)
サイズが無く、泣く泣く断念
ペニンシュラでカシミヤ屋の梯子
モンテカシミヤが安いですが、
お洒落なデザインならもう1軒の方がお勧め
ま、そちらの方が高いのですが。
お茶をしたくも、
良い店が無く放浪していると
これまた牛乳プリンが有名な大良八記に
行き当たり入店
ふ、義順には遠く及ばず・・・
裕華国貨で檸汁薑を買い比べ
荷物を置きにホテルへ
再び裕華国貨へ戻り
友人の香港在住の友人と落ち合い
私所望の上海蟹を購入し
お勧めの海鮮屋へ誘って頂く
かなり堪能し
タクシーで尖沙咀のインターコンチネンタルへ
お酒とケーキを前に
ガールズトーク炸裂
生バンドなんざぁ聴いちゃいません。
友人の友人は翌日も仕事ですし
友人も朝6時にホテルを出ねばならず
やや早めにタクシーでホテルへ送って頂き、
また、初日に行ったマッサージ屋へ
午前2時頃?就寝?

4日目
友人が出発するのをPJ姿で見送り
2度寝
荷物を預け
ホテル側の倫敦酒店で
1人朝飲茶
MTRで佐敦へ移動し
裕華国貨へ
シルク製品を買い込み
尖沙咀へ移動
GiordanoConseptなどを覗き
ホテルへ戻り
タクシーでAirportExpressの九龍駅へ
チェックインし併設のElementsで最後の?
買い物
オーガニックスーパーでオーガニックでない物をいくつか
購入。
他にも色々見たかったけれど時間も無いので
駅へ
の途中「あ、林雪(ラム・シュー)!?」
すぐに違う「ヴィンセント何とかだ」と思い直し
声にしなかったコトに一安心
谷徳昭でした
空港で追加で1品荷物を預け
到着ロビーにある美心で昼食
搭乗時間も迫って来たので
出国手続きし
これぞ最後、
免税店を物色するも結局何も買わず
後ろ髪引かれながら搭乗

台湾の魅力に嵌って以来
香港評価は下がりますが、
それでもまぁ楽しかったかなぁ。
もう2日位あれば遠出も買い物も食も
更に広がったはず、
散財にも拍車が掛かりますが。

レストラン、マッサージ屋の詳細は
また時間のある時に
ご紹介します。

|

09年7月の観劇日記 映画篇

薦められて観に行った「ウルトラミラクルラブストーリー」
は不思議がいっぱい
でも「愛まっしぐら」感が羨ましい。

偶然wWOWOWで観た
ジェイン・オースティンの読書会
様々な愛のカタチが素敵で
涙、涙、涙
素敵な余韻に浸れます。

カンフー・ダンク」はだいぶコメディなのかと思ったら
意外としんみり?まぁ、青春映画でしょうか。
ジェイ・チョウの髪型が・・・
というのは置いておいて、
やっぱりエリック・ツァン
いいですね、いい、
燻し銀。
素敵
素敵→イケメンという意味では
これがデビューの「バロン・チェン」
ちょっとジェリー・イェン似
台詞は殆どないけれど、
注目。
そして、杉浦先輩(「頭文字D」の役名、あれ?今確認しらら違う名前だ!!)
劉畊宏が3枚目(ですよね?)をとことん演じてます。
可笑しい。
でも彼のCD「彩虹天堂」は甘い歌声でとぉ~っても素敵なのですよ、
曲もイイ!!
お、2ndアルバムなんかも07年に出していたのですね。
MustBuyですね。
話がズレましたが、
「カンフー・ダンク」
思ったよりも良かった。
ジェイは最近俳優活動が盛んで
現在も撮影中のよう。
楽しみですが、
CDや日本でのコンサートも待ってます!!

| | コメント (1)

イケメン特集

気分が上がらない、
ちっともちっとも上がらない!!!
ココロの浄化作業をする為に
お気に入りのDVD観るには時間が足りず・・・

こんなモノで気分を上げることに

Will Yun Lee
People誌の「最も美しい人50人」(02)と
「セクシーな男」15人に選ばれ(07)
2度も取り上げられた筋金入りのイケメンアジア系俳優
正確には韓国系米国人
久々にチェックしたら、
サイトが変わってまして、
以前の方が格好良かった気がしますが、
動画が見られるようになっていたのは嬉しい。
THEATRICALでは演技派の彼を
ACTIONではテコンドーで鍛え上げられた
(ご両親がテコンドーの師範)美しい肉体が
拝めます、
どちらにせよハンサム!!!
数年前偶然「WitchBlade」を見て
「凄い素敵!!」と思ったら親友S嬢も
私に教えようと思っていたところでした
日本では「007 DieAnotherDay」「Elektra.」「Torque 」で
観られます。
そして、Mariah Carey "Boy (I need you)".のMusicVideoでも
これ、いつの間にか日本で撮影しており、
来日を果たしていたのです。
悔しい・・・
本多章一さんに似ていると思うのですが、
いい画像がないな・・・
あ、「美代子阿佐ヶ谷気分」に出演中なので
Castページに写真があります。

そして、先日また偶然見つけた最近のお気に入り
ArchieKao(日本語Wikiは何故か1973年生まれになっているが・・・)
「CSI:8」に出演中の中華系米国人
似てませんか彼に?(これ、分かる人だけわかって下さい)
こういう顔すきなんだなぁ、と実感。
でも基本的にはWillの顔の方がハンサムだと思いますが
サイトよりこっちの方が写真が素敵

でも、お顔の美しさでいったらやはり
ChenKun(陳坤)かしら・・・
日本のサイトは充実
きゃぁああああああ~、
マレーシアとブルネイで涙した映画PaintedSkinの
YouTube発見
大体、このブログのタイトルは彼の作品から取ってる程ですから
由来と彼の写真はこちらから

そうそう、日本の崎本大海くんがやや似てる
と思うのですが、
賛同は得られるのか、否か?

ああああ、なんだか少し気分が上がったように思う
ふ、こんなんでいいのか?
ってなコトは考えないようにしよう、この際!!

最後に台湾で活躍中の知人
松川翼くんがブログ始めたのでご紹介。
本人と直接対面する前に
本人も見てなかったという
モデル写真を発見した私。
我眼力?に更なる自信をつけたのは
云うまでもありません。
Taiwanmalaysia_mobile_1337


確認の為に激写
台北は西門のお店で



翼君、更なる活躍を願ってますよ!!

過去のイケメン記事を添付しようとしたら、
私のこのブログ内に「イケメン」という言葉が
氾濫してました・・・

料理人イケメンはこちら
懐かしいイケメンズはこちら

| | コメント (0)

6月上旬の観劇日記 映画篇

WarLords」(日本語の「ウォーロード」だと
皆さん「戦いの道」と勘違いしてませんか?
「戦いの神」(戦神)ですよ、なんてチープな邦題なんでしょう!!
本当、いっつも無理くりなセンスのない邦題にうんざり!!)
んんんんん、ちょっと物語が大雑把な部分もありましたが、
まぁ、「赤壁」を観た後じゃぁ問題にならない位、
100倍ましです。
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、3人の男の
「苦悩」する姿が美しい。
(個人的には3人ともハンサムだとは思いませんが、
この映画の役の中では美しく見えました)
ただそこにキャスト費使い過ぎたのか、
脇がイマイチ見覚えのない、
しかも良いと思えない感じなのは勿体無い、
だって香港映画の良さは、
いつも同じ顔触れではあるけれど
それでも「キラリと光る脇役陣なわけですから。
あ、蘇州の頭?が素敵「風」でしたが、
顔がはっきり見えず、
しかもクレジットも見辛くて誰かわからず・・・
お、WebもCastは4名しか記さず、
おいおい、酷いなぁ!!!
誰なんだろう?
ご存知の方は是非コメント下さい!!
なんだか惜しいところが色々あるあたりが
「ピーター・チャン」て感じでしょうか。
「ウィンター・ソング」も「うん、最高!!」って言えない、
いやぁ、どっちかっていうと「惜しいっ!!」って印象だったので、
今回も同じですね、
でも「ラブソング」も彼なんですね、
あれを越える作品は難しいですね。
でも、もう1度言います、
「赤壁」よりは100倍まし!!
あ、この映画「センスのない題名」ともうひとつ
配給会社の悪しき習慣のもう1つにも苦言を!!
いっきなりの変なその国版のテーマ曲もサブ過ぎ!!!
普通に、本編のままの音楽を使うべし!!!

そして、期待大大大大大大大で臨んだ
I come with the rain
おおおおおおおおおおおおおおおお~
「赤壁」と双璧な感じ!!!
どうした、一体どうしたんだトラン!!!
トラン・アン・ユンは「青いパオパイヤの香り」、「夏至」と
美しい映像で物語を描く監督だと認識していたので、
その彼が、
色で溢れた雑多な香港という街をどう捉えるのか
期待していたのに
がっかり、
うん、かなり、だいぶ、
怒り出したくなる位がっかり
でした。
物語りも「?????」続きで、
どうしちゃったんでしょう?
ハリウッド、韓国、日本、香港そして彼の妻
各国の俳優の芝居の質がてんでバラバラで
それも観ていて辛い・・・
久々の「KarlNg(呉嘉龍)」は、
不摂生ハーフの宿命か
崩れ始めてるぅ・・・
哀しい・・・まだ30そこそこでしょうに・・・
それでも、見せ場の有る役貰えてよかったね、
ってな心情にさせられる。
本編が終わったとたん隣の席から
「はぁ?なんじゃこの映画」
的な発言が。
ほっとしましたよ、
「だしょだしょだしょ~」と語り合いたかった。
私だけがつまんない
(あ、書いちゃった、怒られる!!
でも、もうイイ!!
怒られるついでに書いちゃえ
超つまんないのです!!!!!)
と思っているのじゃないのね、と。
しかも、この映画クレジットロールまでも物凄く観辛くて最悪。
んんんんんん、1つ位イイコト書きたい・・・
あ、英語が話せなかったショーン・ユーの上達した英語を
聴くことが出来たのはみっけもんかしら。
それから、実は日本語ペラペラだそうなイ・ビョンホンは
やっぱり英語も綺麗めでした。
彼の肉体美も眼福ですね。
まぁ、彼のファンにとってはなかなか見応えある作品なのでしょうか?
トランが撮る「ノルウェイの森」
んんんんん、吉と出るか凶とでるか・・・
あ、知り合いの俳優は、
判別できたの日本じゃ私くらいでしょうね。


ああああああ、
お陰様で益々
「梅蘭坊」の前半部分だけ観たくなった。
とある新聞で五つ星を獲得した、
という映画を観に行こうかな、
気になる邦画でも久々に行こうかなぁ。








| | コメント (0)

5月の観劇日記 映画篇

中華電影3本!!
マレーシアで1本目を観た「赤壁」
やっぱりイマイチ!!!!!
まぁ、前編よりはちょっとマシだったけれど、
鳴り物入りだったわりに、
物語が軽すぎる印象・・・
中村獅童が中国語話してたのは好印象!!
まぁ、張震(チャン・チェン)が眼福
※リンクのWikiの画像はイケテナイけれど・・・

汚れ「ジャッキー」と話題の「新宿インシデント」
知人が出ているはずだったのに、
どうやらカットされていたよう、
残念
んんんんんんんんんんんんんんんん
何故この映画を撮ったのだろう・・・
香港映画の名脇役陣が大挙して出演なのは
見応えあるけれど、
それからこれまたジャッキーの北京語ってのも新鮮、
呉彦祖の北京語もね、
汚れジャッキーよりも彦の崩れっぷりの方が
面白しろかった、
ちょっと上手くなったんじゃないかい彦?と
思えました。
超辛口になりますが、
日本で公開されない香港映画の方がよっぽどまとも!!
勿体無い・・・

未だに残像が残る1本は
花の生涯-梅蘭芳-
若き日の梅蘭芳を演じた余少群が美しい!!
初々しいしかし、しっかりした芝居に
スクリーンに釘付け!!
ベテラン孫紅雷とのやり取りに
観ているこちらがドギマギさせられる!!
孫紅雷は昨年の東京国際映画祭で
鐡三角と天堂口でこの人凄い!!
と思った俳優。
どうやら初恋のきた道にも出ているらしいのだけれど
そこ時の印象は覚えていない・・・
PCの調子が悪く、FlashPlayerが見られなくなったので、
公式HPが見られず、
もう1人太った俳優の名前が分からない、
彼も何本か見たことがあると思うのだけれど
彼もいいのですよ。
この3人に比べると、
レオン様加油!!ってな感じ。
特に、若い梅蘭芳からいきなり彼に移行した時、
暫く、分からなかった、というか
戸惑いました・・・
最後の最後、晩年の演技を見ると
あああ、そうね、変えなきゃならなかったのね、
とようやく思えますが
中間は踊れない彼が演じても・・・
しかもチャン・ツィイーの「私上手でしょ」ってな
傲慢な芝居とセットだと興ざめ。
あ、久々の安藤政信もハンサムだけれど
棒読みチックな芝居に椅子から落ちそうになりました、
恐ろしいことに最後には慣れちゃうんですけど。
でもこれらを差し引いても、
前述の3名の力でかなり良い作品に!!
前半部分はもう数回観たい位!!

6月も数本中華電影を見る予定!!
ベトナム系フランス人監督の
「I come with rain」も知人が出ているので
どんな具合か楽しみ、香港でも撮影してますし!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧