« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

花のある生活 花の記録 2010年7月

沢山お花を頂いたので
201077_2405

201077_2406
トイレのタンクの上に飾るのは初めて。
でもなんだか気分が上がる

2010middle_of_july_002
2度愉しむ

| | コメント (0)

炎天下のお散歩

毎日暑いですねぇ。
でも暑さに滅法強い私にとっては
室内のクーラーと
炎天下に室内で軟禁されていることのほうが
よっぽど辛いのです!!

ということでいざ出陣!!!
何処へ

そりゃ~勿論
炎天下へ!!!

美味しいSWEETSが食べたい!!
ということで・・・
懐かしのイナムラショウゾウ
記憶とは違い
意外や意外、
日暮里駅からすぐそば?
あまり迷うことなく到着すると、
これまた記憶の建物と違う
しかもカフェが???
更にショーケースに並ぶはチョコ系のみ???
恐る恐る尋ねると
「本店には他のタイプのケーキもあります」
本店?
では、コ・コ・ハ????
ハイ正解はチョコ専門店。
でも、カフェ併設はこちらのみ、とのことで
長旅に備え、食す事に。

2010middle_of_july_016
思ったより温いケーキ
でもんんんんん美味しい!!!
HOtの飲み物がエスプレッソとカフェオレだけなのがキツイ!!

完全禁煙、◎!!!



















さてさてでは本店に向かいお店を出発
谷中霊園の脇を中を歩き・・・
歩く・・・
とそこへ

2010middle_of_july_017 おおおおおおおおおおお
そうですか、そうでしたか
こりゃぁ~参拝するしかありませんね
矢印を辿れども辿れどもなかなか→以外が現れず
ようやく発見したものの、
烏に見守られておりちょっと怖い
入り口を探し当てたのに
門は閉ざされたまま・・・
門の手前から眺めるにとどめ

気分一新、当初の目的地へ

霊園の中を歩き回ったお陰で
目的地へ近ずいてました。

すすすすっす凄い
ドアマンが居る
「今なら並ばずにお入り頂けます」
ショーケースにはケーキが沢山!!!
現金のみといので厳選3品
2010middle_of_july_020
上から時計回りに
杏のゼリー(正式名称違います)
上野の森のモンブラン
利休
モンブラン以外は期間限定
ほかにも夏はカキ氷(これも正式名称違います)
しめて1,700円弱かな?
1つ1つ大きめですが
値段も高め

ちょっと長く持ち歩きすぎたので
へたってしまいましたが
どれも美味しい、
まぁゼリー以外は私には甘すぎましたが
が、が、が、が幼いのに既にグルメな甥っ子は
このモンブランの虜に!!
子供騙しの制止は全く効き目なし、
他のケーキを差し出そうにも
見向きもしません。
果ては、それを食べたさに初めて
私の名前を呼ぶまでに!!!
(それまでは何度両親が練習させようにも
逆に頑なに口を閉ざしたのですが!!!)
頑固なオコチャマの心も溶かすイナムラショウゾウ

話が逸れましたが
ケーキを片手に交番で道を尋ね
(結構遠いですよ、無理ですよと言われつつ)
次の目的地へ

愛玉のお店や
レトロな喫茶店
果ては「鳥獣剥製」の店を通り
第一ポイント「弥生町交番」
が、おまわりさんがいない
しかも受話器とっても繋がらない
物騒な上に、交番の役割「0」じゃないですか
「弥生町交番」
お陰で無駄に歩く羽目に
歩くのは好きですが
「無駄に」歩くのが好きなわけではないのですよ、わたしは。
ま、それでも1時間程で到着

2010middle_of_july_018

ほおずき市だというので
でも正直「これだけ?」
出店が的屋でないのは好感が持てます、
ゴミ捨て場もちゃんとあるのも
でもただでさえ狭い歩道に出店
道路交通規制なし、はどうでしょう。
2010middle_of_july_019
冷やしトマト煮はこれまた温かった
でも神楽坂ビールは飲みやすかった、
いや、炎天下歩き続けたからかしら?

2010middle_of_july_021

夏らしい器がお手頃価格に

商店街でもうひとつGetした美味しいものに
関しては後日。




















オマケの写真
201077_2381  甘い香りのする花

201077_2382
東大シリーズ
201077_2383

201077_2385
201077_2386 またゆっくりこの辺りを散策したいです。

| | コメント (1)

異国料理を食べ歩く!!

   美味しいと評判のカレーを食べに行く。
201077_2414

201077_2415
1枚目は名前なんだったか、
マンゴチャツネと食べると美味しいのだけれど
胡椒の辛さが半端ない!!

2枚目はピクルス、
注文する際に「食べた事があるか?」を尋ねれれました。
所謂ピクルスじゃないらしいけれど想像したのとは
ちょっと違いました。
激しょっぱ!!で私はあまりすすみませんでした。

201077_2416
カレー2種類。
ほうれん草のカレーと
チキンと豆だったかな?
こんなに生姜の効いたカレーは
あまり食べた事ないかも。
美味しい!!



















201077_2417 チーズナンはびっちりチーズのもちもちナン!!























201077_2418 ナッツとフルーツのナンも勿論美味しい。

201077_2419

チャイを頼むと見事なパフォーマンスが
でも、私はマレーシアのテタレが懐かしい!!!!

中目黒の南インドカレー シリバラジ
日本語かなり通じないと聞いていましたが、
大丈夫でした。
ガード使用可ですが、思ったよりこじんまりした店内は
禁煙席なしが辛い!!

S嬢が行きたかったという渋谷イチ古いトルコ料理屋「アンカラ
こここそ日本語通じない!!
禁煙席ある?
に全部といったのに
どうやら全席喫煙

2010middle_of_july_005
トルコビール
EFES
フルーティーでとても飲みやすい、
美味しい!!





















トルコと言えばヨーグルト料理

2010middle_of_july_006 PATLICAN SOSLU  パテルジャン ソスル  \750
揚げ茄子のヨーグルトソースか
だったかな?
パンと一緒が美味しいといわれパンも注文。
美味しい。
















2010middle_of_july_007  マッシュポテトかな?
これも美味しい。


2010middle_of_july_008チーズのパン、美味しいぃ、チーズ好きにはたまらない!!

2010middle_of_july_009 これ、私はとても駄目でした。

HAYDARI  ハイダーリ  \700
トルコ風ハーブ入りクリームチーズヨーグルト(水分をとったヨーグルト)

歯磨き粉味、と言いながらS嬢と由香嬢は完食してました。


シシカバブ2010middle_of_july_010 2010middle_of_july_011ケバブ
2010middle_of_july_012かぼちゃとクルミのデザート
中近東っぽい甘さ。
シロップ漬けしたかぼちゃをマッシュした感じ。

学生の頃にトルコに行きましたが、
食べ物は、
ガイドさんの特別に連れて行って貰った
かなり美味しいマロングラッセ(トルコ名産)しか覚えていない・・・

アンカラはなかなか美味しかったけれど
ちょっと高め?かな。

店長さんらしき人はいまどき高級店でもそんな言葉
使えるひといませんよ、というような丁寧な日本語。
でも、他の人にはほぼ通じない!!

さてさて次はどこの国へ・・・





| | コメント (0)

東京美味しい坦々麺 其の弐

坦々麺Loverの理想の坦々麺探しの記録です。

201077_2395 まずはこちら
渋谷西武の笑龍
ほ~ここは代官山花壇の系列なんですね、
もう10年ほど前になりますが、
評判ほど美味しくない店、として
位置づけていましたが、
この度、
こちらの坦々麺はなかなか美味しかったです。
麺が私の好きな中華乾麺
辛さはなかった気がします、
もちろんピーナッツ味もありませんが
それでも滋味深い味。
Setの飲茶もちゃんとしてました。
201077_2394

全席禁煙のはず!!

201077_2400 こちらは以前行ったNatural Chinese Essence
今回は五穀粥にしてみました。
五穀粥しっかりした味。
栄養満点な味。
やはりどれも美味しい。
幸せ幸せ。

禁煙です!!







知り合いから教えて頂いた
たんたん麺 はしご 銀座店
201077_2412 ここも好きな中国乾麺
でも、胡麻やピーナッツのコクは・・・
辛さもなし!!
このお肉、固そうにみえて柔らかくて美味しかった。
所謂「坦々麺」とはひき肉版のあれは
どうやら「ザーサイ坦々麺」のよう。
よくわからない中国語を日本語にしたメニューは名前だけでどんな姿かわからないので
初めての方は注文が難しいかも!!
まぁ、でも下手な坦々麺よりはずっと美味しい。














例えばここ。
201077_2399 池袋「蘭蘭」
水餃子が有名らしいけれど、
坦々麺は、
まぁ、辛味はありますが、
コクも深さもない、
悪い例。
写真見てもこれはどこのだろう?
と全く思い出せず、
行動表を遡って
辿りました。


総括;蘭蘭以外は美味しい!!
でもまだ理想のものには出会っていません!!

蘭蘭は前面喫煙、最悪!
ここは店員のねえちゃん(あえておねえさんではなく、「ねえちゃん」)
も「The中国本土」なぶっきら無愛想!!
というかちょっと嫌な感じ。
更に、厨房から心配な音も聞こえ続けるし
衛生面が不安かも・・・
まぁ、いくつか辛い料理で興味ありますが・・・
2度目はあるのか?




| | コメント (0)

東京美味しいパン 其の弐

先月毎週のように行っていたBeaconCafe
ここのランチはサンドウィッチやフレンチトーストを注文しても
サイドオーダーでパンがつく
炭水化物祭り!!

201077_2172

これなんのサンドウィッチだったかなぁ?
まぁ兎に角美味しかった






















201077_2218

これはアーモンドのフレンチトーストだったかなぁ?
かなりの食べ応え。
生クリームもっとほしかった!!



ここは基本禁煙なのが嬉しい。
週末は外国人および国際結婚家族率高し!!






西新宿で偶然見つけた珈琲専門店
あああ、名前がわからないけれど、
西新宿駅と戌子坂天神に行く途中
かなり駅よりの新宿を背にして天神に向かって歩いたら右側の2階
階段にJazz歌手の写真が飾られてます、
何故ここに入ったか、
それは勿論「完全禁煙」の文字に惹かれて!!
201077_2224

自家製黒パンのエビアボガドサンド
黒パンは苦いのかと思ったら全く癖なし。
優しいお味。





















201077_2387
そしてこちらは銀座資生堂パーラーのフレンチトースト!!
かなりもっちり!!
アイスを生クリームに代えて頂きました。
小さく見えて程よい食べ応え。
コーヒーがポットサービスなのは嬉しい。
付け合せのフルーツが甘くないのが残念。

ここで、凄く面白いコトに。
常々日本男性はレディファーストの概念がない!!
と声高に叫んでいます、
エレベーターも建物の扉も女性のために開けないどころか
我先にと出て、
譲る女性に礼も言わない!!
デートとおぼしきカップルで女性を奥の席に座らせる男性の
なんと少ないことか。
駅でベビーカーや大きな荷物を持ってくれる男性は皆無。
妊婦に席を譲る男性は存在しない!!

が、が、が、流石資生堂パーラーで店内を見回すと、
200%女性が上座へ。
偉い!!
まぁ、意識ですよね。
そして、育ちですよね、
こういったお店に来る男性はそうなんですよね、
良かった良かった。
世の男性よ、
「草食男性」なんて言われて喜んでいる場合じゃありませんよ!!
んん、これ以上白熱するとなんなんでこのへんで次に

いつのまにか様変わりしていた
BALS STOREに開店した
Salon de huit
昼食時を過ぎると割高感あり!!
201077_2409
アボガドとサーモンの組み合わせは初めて。
ご覧の通りちょと少ない。
美味しいけれど・・・

これで700円位

しかも飲み物も安くないので
躊躇しましたが
面白いものを発見し
注文を。















たら~ん♪

201077_2410


BECだったかな?
Banana
Espresso
Chocolate
ドリンク!!

ほろ苦甘い。
なかなか美味!!
屋台のバナナチョコを
思えばそう突拍子もない組み合わせでは
ないですね、
そうかそうか。


こちらも700円位。

多分禁煙、
カード不可!!

| | コメント (0)

JuneBride

先月友人の披露宴に招かれました。
銀座の某高級フランス料理店で開催された宴は
花嫁の細やかな気遣いと趣向がそこここに。
お料理も美味しく
我がテーブルは十二分に堪能!!
食事を堪能中にも
心温まる催しが
新婦友人の挨拶は
涙だけでなく
ただ誉めそやすだけでなく
ちょっとグサリと刺しながらも
愛と笑いに溢れ
新婦を知らない人達にも
しっかり彼女の人柄が伝わる内容。
祝われるだけでなく、
ちょうど当日が誕生日の親戚への
花束贈呈。
妹君と製作したというシュガーケーキ?
シュガークラフト?が飾られ、
各テーブルを回っての写真撮影
従姉妹が弾くピアノ
席を立つ時に
とても時間が流れていたことに
ようやく気づくほど
退屈とは無縁の宴でした。
いいなぁ、またむくむくと
膨らみましたよ夢が!!!
しかも、人生3度目のブーケGet!!
ああああ、でもGetの度に
順番が巡って来ない侘しさに・・・

久々に目映いばかりの花嫁拝ませて頂きました、
この日に照準を合わせて
万全の準備をしてきた彼女
その全てが見事に結実
正直「花嫁といえとて・・・」と辛口な私ですが、
彼女は凄かった!!
見習えるかしらぁ~、
いやいや見習うのだ!!



201077_2181

私の準備。
なんとこのネイルしめて1,500円
ちょうど西武でワンコインキャンペーン
カタチを整え、カラーリングに
初の3D!
丁寧に施術して頂きました。


















201077_2197

なかなかペディキュアとFootcare(タコとり)をお手頃価格で行っている店がなく
ようやく発見
原宿で。
足に挟んであるのはティッシュ!!
そんなの初めて。
が、清潔でそしてここでも
非常に丁寧に施術して頂き
大満足。
原宿のAnjiです
お勧めです。














201077_2213
                        3度目のブーケ


お招きありがとう!!!
お幸せに!!!

| | コメント (0)

2010年梅雨時の観劇日記

なんやかんやと色々劇場に足は運んだ気はするのですが・・・
またまた終わったものばかりになりますが、
特筆すべき作品を綴ります。

まず何といっても「CHICAGO」日本版!!
数年前の初演は観ていないのですが
今回はすこぶる評判が良く、
正直チラシで外国人キャストが浮いてる感がありましたが、
全くの杞憂でした。
かなり最高でした!!
アムラ・フェイ・ライトは流石の実力
歌も、ダンスもスタイルも抜群!!
好感のもてる日本語で
日本人キャストとの息もピッタリ!!
驚くべきことですね。
特に田中利花さんとのデュエットは
二人の安定した歌と芝居で
かなり聴き応えがありました。
米倉涼子さんもスタイルが良く、
くるくる明るい光を放ち
非常に好感度高い芝居、
こちらの作品(このブログの2本目の作品)での主役とは大違い、
いるだけで華があります。
とっても楽しい作品でした。
あ、河村隆一さんも良かったです。

初めていろんな意味がわかった「キャンディード」!!
ジョン・ケアードはやはり凄いのか?
えええ、「?」は消えませんけど。
舞台装置と照明が素敵でした。
そして、作品毎に芝居力も確実に上がっている
新妻聖子さん、
自己陶酔と「私凄いでしょ」オーラが強すぎて
好きではなかったのですが、
着実に変わってます、
今回は高飛車な感じがあっていたのかもしれませんが、
「煌びやかに着飾って」で題名あっているのでしょうか、
クネゴンテが歌う歌、
初めて意味がわかりました、
オペラの人(自称、含め)が歌う版を何人か聴いたことがありますが、
今まで聴いた中で一番良かったです、
物語が見えました。
全体的にも物語が宮本亜門版よりわかりやすかったです。
でも如何せん長い!!

のっけから心を掴まれたパラドックス定数「元気で行こう絶望するな、では失敬。」
以前も書いたように思いますが、
野木さんの文学系土台作品は悉くハズレ感がありまして、
苦手意識があるのですが、
今回はとっても良かった。
大人数なのも、
若者の話なのも、
何から何まで予想と反した設定でしたが、
どれもちゃんと作用してました。
ちょっと「トーマの心臓」の「トーマ」ノメッセージ要素もありまして、
私はやや泣いてしまいました。
体調が万全でなかったし、
疲れも溜まっていたので
睡魔に連れてかれるのではないか、
と心配してましたが、
「惹きつけられる」かどうかは本当に作品次第なのだと
痛感。
「眠い」という言葉が微塵も浮かんできませんでした。
あんなに大人数をちゃんとうまく使っていたし、
ほぼ無名な人だと思いますが、
少しずつ良さも見えてきて
それでもパラドックスのメンバーがその中では
流石に際立っていて
彼等の成長ぶりも見えました。
作品の仕上がりとしては
脚本も演出も野木さんの新境地じゃないでしょうか。
今回も舞台の使い方が素敵でした、
シンプルなのに素敵、って難しいですよね。
またまた次回が楽しみです。


作品として面白かったモノがもうひとつ。
土田英生の「初恋」
シアターコクーンでの彼の作品(確か演出は土田氏ではなかった気がしますが)
が最悪で、褒めるところが思いつかない位でしたが、
「初恋」は会話のテンポもネタもかなりツボで
楽しめました。
文学座「今井朋彦」さん、
ああああああ、本当に素晴らしい。
常に「今井朋彦」らしさがありつつ、
それが邪魔しない。
何色にも染まりつつ、
カメレオンであることに変わりはない、
とでもいいましょうか。
彼がいることで安定感あり、
しかもしまる、
ことによっては質があがる、
凄い!!!
演劇に詳しくない方には
「エステーのCMの殿」といえばわかるのでは
ないでしょうか。
是非、彼出演の舞台もご覧頂きたいです。

さてさて、これから観たい作品、
なんだろう。
ブラジルの3人芝居も好評だったようですが、
観そびれ、
クロモリブデンかな?も観てみたかった・・・
いやいやこれからの作品・・・
取り敢えず、KAKUTAの桑原嬢出演の
「モスリラ」かしら。
前回、結構好きでしたし、
かつてこのブログによく登場してくれた
田中壮太郎氏も出演ですよ。
あとはなんだろう、
ぱっと思い浮かばない・・・



| | コメント (0)

友人知人へ重要なお知らせ

皆さん
訪問ありがとうございます。
皆さんにお伝えしていたYahooメールが
何故だか受信不可能になり、
先月から一切の受信が出来ておりません。
新しいYahooメールを取得したので
一度携帯メール、
若しくはこちらに携帯メールわからない旨、
メッセージ頂ければ私からメールさせて頂きます。

お手数お掛け致しますが
宜しくお願いします。

Hi all my friends,
my yahoo mail hadn't work since last month,
I couldn't get any mails,
I'D like to tell you a new mail address,
if you know my mobile mail address,
mail me,
if you don't know it,
leave a message in here,
I'll mail you,
sorry to bother you.

| | コメント (0)

やっぱり、好き!!

時間をなんとかやりくりして、
観ました、
2本!!

まずは、「冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
原題: 復仇、英題: Vengeance
大好きな俳優、AnthonyWong(黄秋生)出演。
香港映画でのっけからフランス語と北京語が流れるのが
まずは新鮮。
物語りもちょっと意外性のある流れ、設定で
香港映画のふり幅の大きさを感じました。
脚本は若干矛盾があるものの、
それでも笑いと涙もあり、
ただの垢抜けない、血なまぐさいドンパチ映画に
ならないところが良いのです。
中華系映画のもうひとつの楽しみは「食!!!」
今回はなんとフランス料理。
これがまた美味しそうで、
勿論作っちゃいました。
(詳しくは別な機会に)
そしてそして、またまた素敵な俳優発見、
発見でなないか、以前からちょっと気にはなっていましたが
本格的に射抜かれました、Heartを!!!
林家棟(LamKaTung)←Wikiは香港版
ブログはこちら
今までは結構嫌な役で多く目にしていた気がしますが・・・
兎に角素敵です、
色気出しまくりのAnthonyと並んでも引けをとらない!!
(因みにもう一人Sexyが代名詞のサイモンヤムはくどかった・・・残念)
今後、より注目です。
エンドロールを見てハタ、と気づいた
「EnglishVoiceActor」カテゴリー違ったかもしれません
TerenceYin」の名が
そうか、S嬢が言っていたのはこれだった、と。
時既に遅し、
どの声か全くわかりませんでした。
普通に出演してほしかったなぁ・・・
不遇な俳優Terence
それはさておき、
冷たい雨に撃て、約束の銃弾を
予想以上の収穫があった作品でした。

そしてこれまた予想を超えた
素敵な作品だったのが
トロッコ
ちょっと思い出すだけで、うるっときます!!!
これは本当に多くの方にご覧頂きたいので
詳細は控えます、
ただ、「台湾人生」でも完全には解明されなかった
日本統治時代を生きた台湾人の年配の方の
想いがよりわかりやすく感じられました。
大好きだった花蓮での撮影だったようで、
ああああ、行きたい!!!
出演者も面白い、
なんと烏龍茶の宣伝で話題?のチャンチェンの実兄や
これまたが踊っちゃうハンサム「ブライアン・チャン
子役兄弟の弟は非常に可愛いのですが、
兄役が栗山民也にそっくり!!!
不憫な程似ている
ここで確かめてみてください
個人的には本当涙が止まらなかった・・・
また、観たいかも。

はぁ~、やっぱり香港映画と台湾映画
好きです。




| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »