« 賄賂 第一弾 2010年4月 | トップページ | 赤坂の美味しい中華&韓国料理 »

KAKUTA「めぐるめく」

笑いと涙に溢れた、KAKUTA久々の新作「めぐるめく」。
ABOUTに「久々」、正確には1年半なのだとか、
1年半が長く感じたけれど
新たなPOWERあり!!
場所が色々と変わるお話って今までのKAKUTAにあったかしら?
よって動きも激しく
ちょっと騒がしく感じるトコロもあるけれど
これまたダメダメだけど愛すべき人達に
描きあげる桑原MAGIC!!!
原扶貴子嬢が素敵な貫禄の出し方!!!
高山奈央子嬢も甘える姿が本当に可愛い!!!
桑原嬢はやさぐれているようで
ふっと、猫背気味なその背中に愛が羽をはやしています。
客演陣では辰巳智秋さんが第一声から美声で
大きな体の視覚効果だけでなく、
聴覚にも響きます。
そして、彼の言葉は全く「台詞」に聞こえません、
辰巳智秋が辰巳智秋でない、と言いましょうか
「ロック」がそこに居ます。
前半のめまぐるしさから後半はぐっと胸に沁みる物語で
ハンケチが小さすぎたのではないだろうか、と
心配になった程。
でも、「甘い丘」と違ってまわりにあまり泣いている人がいなし・・・
ええええええ?涙腺弱すぎですか?
あんなところこんなところに笑いも散りばめられており、
最後はやっぱりKAKUTA好きだわぁ~で終わりました。
30日までシアタートラムで公演中。
そうそう映画をみているような感じの作品でした。
お、27昼はサービスデーなのですね。



|

« 賄賂 第一弾 2010年4月 | トップページ | 赤坂の美味しい中華&韓国料理 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。