« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

KAKUTA「めぐるめく」

笑いと涙に溢れた、KAKUTA久々の新作「めぐるめく」。
ABOUTに「久々」、正確には1年半なのだとか、
1年半が長く感じたけれど
新たなPOWERあり!!
場所が色々と変わるお話って今までのKAKUTAにあったかしら?
よって動きも激しく
ちょっと騒がしく感じるトコロもあるけれど
これまたダメダメだけど愛すべき人達に
描きあげる桑原MAGIC!!!
原扶貴子嬢が素敵な貫禄の出し方!!!
高山奈央子嬢も甘える姿が本当に可愛い!!!
桑原嬢はやさぐれているようで
ふっと、猫背気味なその背中に愛が羽をはやしています。
客演陣では辰巳智秋さんが第一声から美声で
大きな体の視覚効果だけでなく、
聴覚にも響きます。
そして、彼の言葉は全く「台詞」に聞こえません、
辰巳智秋が辰巳智秋でない、と言いましょうか
「ロック」がそこに居ます。
前半のめまぐるしさから後半はぐっと胸に沁みる物語で
ハンケチが小さすぎたのではないだろうか、と
心配になった程。
でも、「甘い丘」と違ってまわりにあまり泣いている人がいなし・・・
ええええええ?涙腺弱すぎですか?
あんなところこんなところに笑いも散りばめられており、
最後はやっぱりKAKUTA好きだわぁ~で終わりました。
30日までシアタートラムで公演中。
そうそう映画をみているような感じの作品でした。
お、27昼はサービスデーなのですね。



| | コメント (0)

賄賂 第一弾 2010年4月

これはとあるメモでございます。


長生き村 切干大根
オクイカイセイドウ とろろ昆布
S$B きざみ葱
永谷園 すし太郎黒酢入り
タケマン なめこのお味噌汁
馬路村 柚子茶漬け
ミチバ もずくおくらスープ
マルヨネ ショウユセンマイ

うむうむ、
取り敢えず、第一弾のサプライズはかなりサプライズに
なったようで
嬉しいです

| | コメント (0)

干支

子・・・細かい事に気づき、無駄使いせず、そうじ好き。人にだまされやすいのが疵。
丑・・・辛抱強く根気よく言葉少なく信用あり。好き嫌いありて腹立つ時止めようもなし。
寅・・・考え深く落ちついていて、人の頭と敬われるが高ぶり過ぎて気まま勝ち
卯・・・愛嬌ある故に人気もあり福徳あり。取り止めもなく遠慮がち。
辰・・・人に立てられ威勢よく、思わぬ人の引立てもあり。短気と負けん気が損のもと。
巳・・・心の奥深くして、金に一生不自由なし見栄とねたみ心のあるが疵なり。
午・・・ほめ上手。人気もありて金回りよし。陽気ばかりで陰気なく。上部を飾る癖あり。
未・・・人をあわれみ品も良く、芸はあれど高ぶりもせず遠慮がち。臆病。
申・・・小才もありて器用。人の気を取る内は安楽。認られたがるのが疵なり。
酉・・・あれもこれもと忙しく、動きながら世を送る。気変わり多く極まりなし。背のびは損。
戌・・・義理守りて正直。人のためには陰日向なく骨折り損多し。
亥・・・極りよく大望貫く強き気性。後先見ずの気早で人に憎まれもする。
 
身近な人を見るとなるほど面白い。
皆さん自身は如何でしょうか?

| | コメント (0)

表参道の美味しいCafe May.2010

May_2010_015
ハンガリーのケーキ屋さん
GERBEAUD
雑誌で見ていて気になっていたのに
正直、看板のケーキが美味しそうに見えず
ついつい素通りしてましたが
ついに足を踏み入れてみました。

ハンガリー風クレープが売り切れで
左の2品に
シュークリームとくるみといちじくのパン
パンは気泡が大きく、
層になっている感じ、
バター多めのパンといった感じですが
美味しい、かなり好み。
シュークリームは下にカスタードも潜んでました。
クリームはちょっと時間がたち過ぎた感じ、残念。
皮はサクサク感残ってましたが。
忙しない感じで長居する雰囲気ではありません、
狭いので子連れにも向かないかも。
恐らく禁煙。
オリジナルブレンドのコーヒーは結構苦いです。

| | コメント (0)

愛媛を味わう!!!

2年前にも行った
池袋にある愛媛アンテナショップ「いよかん」
へ久しぶりに訪れました。
珍しい物が多いのと
中央区に多いアンテナショップのように
混雑しておらず、
お店の方が丁寧に説明して下さるので
なにかと買いこんでしまいます。

今回はこの3品

Gw2010_092 四国カルスト天然水「ぞっこん」
ミネラルウォーターの知らない知識沢山教えて頂きました。
こちら「加熱処理していない天然の湧き水」
「非加熱処理」は珍しいそうです。
この水を飲んで癌で余命数ヶ月といわれた方が
未だご存命だとか、
真偽はともかく飲み易いです。


May_2010_004

May_2010_005

美生柑(びしょうかん)
全国で10%だったかな?しか獲れないそうです。
白い皮が体にいいそうです。
皮もワックスかけていないので2度湯で溢してからマーマレードに
出来る、
とのことで初マーマレード作りに挑戦

May_2010_016

黒く見えるのは焦がしたからではなく、
砂糖がオーガニックのブラウンシュガーだからです。
でも、皮の苦味が取れてなかった・・・
2度以上湯で溢したほうがよかったのだろうか。

May_2010_017

最近凝っている有機ライ麦パンにクリームチーズと。
少しだけ、苦味緩和。

今回のライ麦パンは
NaturalHouseで購入。
MeierBearのもの。
May_2010_002

写真下。
有機ライ麦、食塩、酵母。
以前成城石井で購入したモノより酸味が少なく
食べやすいです。

話が前後しましたが、
美生柑は文旦、八朔のような味。
こちらは実だけでなく実を包む皮ごと食べられます。
甘い、というよりさっぱり酸味。

3品目はこちら
Gw2010_091 黒糖入りはったい粉
はったい粉とははだか麦のこと
別名;麦焦がし
整腸作用があるそうです。
こちらを溶かして飲むそうですが、
ホットケーキなども作れる、
が小麦粉に混ぜるように、と。


















May_2010_018
理想の洋朝食その1
小麦粉2:はったい粉1位の割合に。
市販のホットケーキミックスよりも火が通り易いようです。
左は中にマーマレード入れて焼いてみました。
ちょっと黄な粉に似た味。
市販のミックスに慣れているからか
甘みがほしい感じ。
メイプリシロップを掛けて頂きました。

May_2010_019


ほかにも愛媛のいろんなモノに出会えます。

愛媛アンテナショップいよかん
東京都豊島区池袋2丁目23-9
03-6303-3577

| | コメント (0)

続、甘い誘惑 新宿&中目黒篇

Gw2010_070


お茶屋さんのソフトクリーム
お店の名前がわかりませんが
新宿のJR西口から
京王新線に行く道、
献血会場の先。
北海道生乳かな?
濃厚!!
350円前後。
お店の前に2客椅子もあります。
美味しい。












Gw2010_071 新宿三越B2F
PRIME FRUITS

こちらのお店、「砂糖不使用」だそうな。
いいですねぇ。
ジューススタンドの
「え????」恐るべき量の砂糖投入が
嫌いな私は嬉しい、
私だけでなく皆さん嬉しいはず!!!
2年に一度、
甘い!!!
こちらも氷は冷凍みかん。
「こちらも」の理由はこちらを。














お姉さまに連れて来て頂いた、
中目黒のCafe
FRAMES
予想外に禁煙席あり、嬉しい!!
お食事も美味しい、
特に生春巻きがGOOD!!!
愛想がないのぉ、と思っていた店員さんが
「パクチー入ってますけど大丈夫ですか?」
偉い!!!
それ大事!!!
抜いて頂きました、
「愛想ない」なんて言ってごめんなさいね
(勿論本人には言ってませんよ)
お好み焼きも美味しかったな、
上に天かすが乗っていたような、
それが食感の良さをプラス。
そしてデザート
「紫イモのタルト」
説明書きに「チーズ味」とは・・・

Gw2010_074 なるほど!!!
タルト生地と紫イモの間はチーズクリーム
かなりしっかりした味。
初めての組み合わせ。

Gw2010_072
ミントティは「生い茂る」程のミントが。
水中花かはたまた、花茶のよう。

深夜まで営業しているしいいですね。
ご紹介ありがとうございます。























| | コメント (0)

新&珍発見のお散歩 美味しい白金→日比谷

天候に恵まれ、
ちょっと広尾までとあるお店へ
なのにぃ、
白金でまさに「甘い誘惑」に引っかかっちゃいました!!!

「銅版でしっかり焼くホットケーキの店」なんて目にしたら
行かないわけにはいきません。
最近、美味しい坦々麺探しと同じ位探求メニューが
「ホットケーキ」ですから!!!
お、お店の名前は
きつねとはちみつ
なんて可愛らしい名前。
都会の真ん中に
絵本の世界が広がりそうなネーミング。

席数が少ないのですが、
なんとかテラス席確保。

Gw2010_084
どれも美味しそうで迷ったので
お店の人にお伺いして
一番人気の
チョコバナナとはちみつバナナシェイク

チョコバナナは中にバナナが入ってます。
チョコ味は思ったより強くありません。
お好みでメープルシロップを、と。
はちみつじゃないんですね。
生地は思ったよりふっくらしていません。
シェイクは氷が入ってないので
薄まらないけれど、
常温好きな私でも
やや冷たさがほしいところです。

合わせて1,600円位だったでしょうか。

お昼には満腹感低い感じ。

奥様の笑顔が素敵でした。




腹4分位なのをいいことに
2軒目に出発!!!

Gw2010_085
               東京タワーが逆光で消えてしまいました。

北里病院傍の
LE COFFRET DE COEUR
女性パティシエのお店。

Gw2010_087

ピスタチオのパルフェだったかな?
販売の焼き菓子ほぼ全部に「香料」が
入っていたので
恐る恐る頂きましたが、
油でしっとり、ではなかったので
ほっ。
フルーツもぷりぷり鮮度が良く
ピスタチオ味もしっかり。
付け合せの抹茶とホワイトチョコのスコーンもサクサクだったので、
母の日限定のケーキも購入
無添加菓子を探すのは至難の業でしたが、
そら豆のスコーンは
小麦粉、バター、卵、砂糖だけでした。
カフェは恐らく禁煙
3,000円以上はカード可。
店員さんの対応も心地良いです。

Gw2010_094
               右上がそら豆のスコーン
雑誌にも載っていた「いちじくと黒豆のショコラパウンド」もしっとり、
卵、バター、いちじく、三温糖、小麦粉、黒豆、チョコレート、
アーモンドパワー、ココアパウダー、植物性油脂、リキュール、香料。
リキュールの味は濃くないのでツンと来るお酒の匂いと味が苦手な人でも
大丈夫でしょう。
左上はイチジクとショコラブランのスコーン
バター、いちじく、三温糖、小麦粉、ホワイトチョコレート、
植物性油脂、ベーキングパウダー、香料。
スコーンは温めるとより良いそうですが、
温めなくてもそれなりに美味しかったです。

流石に食べ過ぎたかと罪悪感
嗅覚をたよりに日比谷方面へ

歴史建造物らしきもの発見、
何?と路地へ迷い込むと・・・


Gw2010_088
どうやらおば様方ご執心のヨン様のお店「ゴシレ」の模様。
白金にあるらしい、とは耳にしてましたがどこかわからず、
ここでしたか、白金っていうのかな?ここ・・・

神谷町でむむむ匂う!!!
またまた路地へ入り込むと
凄い!!!!

Gw2010_093
                  杉田玄白の墓!!!
              「解体新書」ですよ!!!
Gw2010_097

Gw2010_096
Gw2010_095


猿が多いなぁ、と思ったら
猿塚がありました。
栄閑院




















Gw2010_089
                建設中の囲い。


Gw2010_090
                 日比谷公園にミニ動物園?
                  子豚や子牛が!!!
                   暫し、ふれあい

                  嗅覚が冴えた1日でした。

| | コメント (0)

5月の口福 表参道・恵比寿・池袋の美味しいお店

既に美味しいものに巡り会い過ぎてる5月。

1軒目は表参道のBROWN RICE DELI OMOTE(ブラウンライス デリ おもて)

Kannonzaki_012

Kannonzaki_011 
週替わり膳
豆腐のフリットだったかな?
油っこくありません。
野菜も滋味溢れる味。
胡麻豆腐もしっかり
副菜も豊富。
色々な味が楽しめます。
1,500円前後だったように思います。







Kannonzaki_013

穀物コーヒー
普段はブラックで頂きますが
砂糖と豆乳を入れると美味しいと
伺い、
1/3残して
砂糖と豆乳入れてみました。
程よく甘く美味しい!!!
癒される味。
















お店が狭いのと
NEAL'S YARDR EMEDIESと併設なので
そこからお客さんが出入りする度に
ハーブの匂いがツンと流れるのが残念。
また、そこからかなり人の流れがあり
忙しく感じるのが・・・
恐らく禁煙です。
3,000円以上カード使用可能。

お惣菜屋さんも利用してみたいです。


2軒目はようやく探し当てた
池袋 中国家庭料理 楊


Gw2010_099



有名な汁なし坦々麺
メニューに
「初めての方は辛さ控えめに
(山椒がきいてます)」と。
ピーナッツが添えてあって
期待大!!!
しかも麺も卵麺じゃないッ!!!!!
これまた期待度がMAXに!!!
麺がまったりしていて混ぜるのが大変ですが、
なんとか一通り馴染ませて頂くと、
1/3程で辛さが来ます!!!
青菜を辛さ緩和剤に。
ピーナッツの味も弱く感じます。
ピリピリとした山椒。
かなり手強い。

Gw2010_100


水餃子も大切な緩和剤。
でもこちらちょっと肉の臭みが強いかな。
1人でこの2品はかなりのボリューム
夕飯が必要なかった程。









あまりきれいなお店でないのと、禁煙ではありません。
確かカードも使えない。
でも、しっかりした四川料理を味わえそうです。
そうそう、口の中をヒリヒリさせていた
坦々麺の辛さは少したつと見事に消え、
後を引くかも。
でも次は青島ビールとともに頂きたいです。

3軒目はかなり大正解絶品尽くしのお店。
リコス・キッチン 恵比寿
全席禁煙がまずは嬉しい!!!

Gw2010_020_2                          キッシュ
                    優しい味、生地もさくさく
                   おかわりしたくなる美味しさ
  (できるかは不明、でも先のコトを考えると1つでやめておいた方が無難)

Gw2010_021                    +300yenで注文のトマト
                  皮がしっかりしているのに噛み易い
               そしてなんとも甘く、人生でBestTomatoかも!!!
                 数年前までトマトは嫌いだったのですが、
                    大人になるにつれ好きになり
                食べられるようになって良かったわぁ~と
                     強く実感した日でした。

Gw2010_022

前菜のホワイトアスパラとベーコンのカルボナーラ
勝手に、長いままのホワイトアスパラが
数本、
カルボナーラソース掛かっているのかと
思っていたので
びっくり。
本当にカルボナーラ。
アスパラはしっかりした太さで
固すぎずふにゃふにゃ過ぎず
ベーコンも肉厚。
美味しい!!!











Gw2010_023 メインの鴨肉のコンフイだったかな。
外はパッリパリ
中はすぐに解れる柔らかさ。
薄味派の私にとってはちょっとしょっぱかった。
S嬢のフォアグラ(+300yen)も美味しかった、
彼女のメイン何だったかな?
鶏肉だったように思いますが・・・
(※ホロホロ鳥だったそうです)





Gw2010_024
          デザートは+300yenでオレンジとチョコレートのケーキ
                 オレンジもチョコに負けない味。
                    これまた、美味しい!!!

少ないようでこれが満腹に!!!
基本2,990円程。

しかもスパークリング飲み放題
(もっと洒落たネーミングです)が
2,000円で
私はお店の方が驚く程飲みました。
だって、凄く軽くて飲みやすいスパークリングなのです。
白・ロゼ2種類。

店員の方のサービスもとっても良く、
トイレも男女別。
こちらも狭いので隣の席との間隔が近いですが
仕方ありません。

いやぁ~ここはかなり美味しかった。
追加追加で結局は昼でも6,000円弱。
でもそれだけの価値は絶対にあります。

また、行きたいです。

ああああ、口福、口福。

| | コメント (0)

芸術と歴史溢れる素敵な街 清澄白河

最初の目的は・・・

Gw2010_028                東京都現代美術館
               フセイン・チャラヤン展

駅からの道すがら途中で忽然と案内表示が消え
心細くなるものの
気を惹く面白いモノが

Gw2010_025
              お寺の塀に掲げられた暖簾?
               いろんな絵のものがあり
                   風に靡く様は
                  風情があります。
                  こちらは切り絵?

Gw2010_026




おぎょぎょ鉢?

近くのギャラリーで18,000円だったかな?

この先に2軒面白そうな
ギャラリーがありました。










Gw2010_027 
             こちらは歩道のガードレール?
               なんと言うのでしょう。

そして無事到着
開放的な回廊
Gw2010_029                 色鮮やかな椅子。
                低反発ウレタン?
                座り心地ゆ~ったり

フセイン・チャラヤン展は
摩訶不思議でした。
シュールなショートフィルムはかなり意味不明
コスチュームは近未来を感じさせるモノが多く
面白かったです。

かなり空腹だったので2軒入っているレストランの1つへ
CONTENTRestaurant
混んでいないのにのっけから酷い応対をされて
嫌な気分に
でも、2人目の店員のおねえさんの
こんびりした対応になんだか和まされ緩和。

が、メニューを見て仰天!!!
不適正な高さ!!!
1,400円前後

取り敢えずスパイシーさが好評という
チキンカレーに

Gw2010_032


五穀米の上に
野菜の素揚げが

思ったよりチキンも多く入ってましたが

でも、やはりこれで1,400円は・・・

特筆すべき味ではないです、
正直。










Gw2010_030

Gw2010_031
                硝子の絵と一体化
             まぁ、美術館に似合うお洒落さ、
             デザイン性の高さなのでしょうが
                   料理は高い!!
               お店の雰囲気は良いです
              最後にまたちょっと嫌な思い
               接客がイマイチなのが残念
                   あ、高いのも!!!
                    多分禁煙

Gw2010_034

Gw2010_037

Gw2010_038

次の目的地に向かって歩を進めると
Gw2010_039
Gw2010_040

Gw2010_043

凹凸あり
七宝焼き風と
楽しい。
紫陽花の絵が素敵でしたが
撮り損ねました。



Gw2010_041
Gw2010_042
                 小さな公園ですが                 
                  見事な藤の花

Gw2010_044
            こりゃ~参拝するしかないでしょう

Gw2010_045




えええ???
これまた行くしかないでしょう!!!
松平定信














Gw2010_046            流石にお墓を撮るのは憚れるので                                        お墓を背に

Gw2010_047
公衆トイレもまでお洒落

Gw2010_048
2軒目のお目当てのお店を探すと
こんな端っこ?というところにありましたが、
むぎょぎょお休み。

お店までの道にまたまた洒落た店が多い!!!
オーガニックのお店や
Gw2010_050               これはレンタルビデオや
Gw2010_049

Gw2010_051 
             ギャラリーと中国茶のお店「楽庵
              アイス普洱ミルクテイー
             お菓子もついて650円かな?
                 お菓子も美味しい
           お茶は泥臭くなく飲みやすい普洱茶
             氷もお茶を凍らせたものなので
                  残さず頂きました
       いろんなお茶もあるようなのでまた尋ねてみたいです
                  こちらも多分禁煙


折角なので清澄定園
有料なのね、知らなかった
まぁ、150円はかなり良心的ですよね
Gw2010_052
Gw2010_059                  諸国からの石が

Gw2010_054
美術館の目の前の
【Cafe & Bar Field 】で購入した
黄な粉とホワイトチョコのスコーン
スコーンというよりマカロン?
黄な粉の味が濃厚!!!
すみません、鯉に食べて貰いました。

住所:東京都江東区三好3-3-17
TEL&FAX:03-6458-8300

field地図.jpg
喫煙ですが、お店の方の対応よかったです。

Gw2010_055               かなり肥えた鯉ばかり

Gw2010_056
Gw2010_057
Gw2010_058

Gw2010_060 Gw2010_065

凄いモノ発見!!!
Gw2010_061

Gw2010_062             けたたましい数のおたまじゃくし
             生存率はどのくらいなのだろう?
Gw2010_078 鯉幟!!

Gw2010_080



庭マークの半被を着た
お兄さんお姉さんと
お子チャマが創作中
子供も遊べる広場になってました














隣の無料の清澄公園へ
Gw2010_068


             下の写真はとあるお家に生息
Gw2010_069


清澄満喫!!!
美術館はちょっと台北の美術館を彷彿
ああああ、台北帰りたい!!!

清澄、のどかで、
芸術と歴史が身近に感じられる街でした

| | コメント (0)

掘り出し物のあるのどかな町 鎌ヶ谷

  ずっとずっともしかしたら10年位ご無沙汰の
可愛い後輩に会いに鎌ヶ谷へ。
その間に彼女は2児の母に。
車も運転しちゃうし(私はペーパーですから)
雑誌の紹介ページのようなキチンと片付けられ
センスのよいお家に住み
2人の男の子はお行儀良く育児中で、
だけど変わらぬ若さで
月日の流れが顔に出ていない!!
幸せなのねぇ、羨ましいわ。

無理を言って連れて行って貰った
アンデルセン公園
「数年前に桜の時期に来たら芋洗い状態でした」
の言葉通り、
まずは駐車場に入るのに数十分待たされました、
「待つ」のではなく「待たされた」
だって、スペース余っているのに誘導しない
手際の悪さ、
意味があわかりましぇ~ん!!
でもなんとか入り口から遠目のところに無事駐車。

Gw2010_005


こんなモノがデデ~んと。
他にも家鴨の銅像がある噴水や
勿論アンデルセンの銅像も。


大きな滑り台は長蛇なので断念。
スレチックもあり、子供は遊べます。

広場や水場も!!

千葉県民の不思議!
なんとほぼどの家庭も小さなテントを
持ち込んでいるのです。
何故~??なので芋洗い状態の
広場には人とテントが!!!




Gw2010_007


驚くべきことに
岡本太郎の作品が!!
しかも・・・


















Gw2010_008_2

表と裏で表情が違うのです!!




こんな場所でお目に掛かれるとは!!!














どこも混んでいるので
駐車待ちの途中で見つけた場所へ

さて、何でしょう?

  ↓

Gw2010_009


Gw2010_011

                 たら~ん!!!
大根掘り!!
1本150円!!!
しっかり根をはっていて
小学校1年生の長男とんちゃんは1人で
抜けず。

いや~、楽しい!!!

Gw2010_012

アンデルセン公園の入場券はコンビニで少し割引のものを
購入できます、
急遽決行でも割引は嬉しいですね。

彼女のお家へ戻り
おやつの時間

Gw2010_014

北海道出身の彼女のご実家からの
品々。
じゃがぼっくるに
ROYCE’のNottyBarChocolateと
白い恋人

白い恋人は定番ですが
大好きです、
美味しい。


Gw2010_015_2

初めて頂く
ROYCE’のNottyBarChocolate
こちらも美味しい。
ナッツがぎゅっと沢山はいっており
げっ歯類の私はほくほく!!















Gw2010_016

                久々に食べた肝油



子育ての話を聞きましたが
そういやラブラブ話は聞くの忘れちゃいました。

次男うーちゃんは人見知りだそうなのですが
すぐに打ち解けてくれて
ママもびっくりでした。
本当、シッターに職替えしようかしら?
でも次回会うときにうーちゃんは確実に
忘れているんだろうな

とんちゃんもうーちゃんも本当お利口さんで
ママの普段の躾の良さが出てました。
偉い!!!

急な襲撃だったのに
おもてなしありがとう!!!

大根はこんな風になりましたとさ。

Gw2010_017
モツ煮込み醤油味
(唐辛子を入れて煮込み、ピリ辛に)
葉っぱは海老と炒めました(塩味に)
美味しい!!!

















Gw2010_076


モツ煮の残りは味噌を足して味噌味に
アボガドと豆腐の納豆チーズのせ


















Gw2010_101
豚肉と煮込みました
はらぺこ豚さんは
待ちきれず
まだ煮えていないものを
(それでも大丈夫なように薄めに
小さめに切って、隠し包丁も入れてあります)
甘い!!(勿論自然の甘さ)
水菜の中華チーズ炒め
(胡麻油と八角で炒め余熱でチーズを絡めます)










Gw2010_102                 ちょっと煮込んだモノ

| | コメント (0)

澎湖に似た町、観音崎と 観光客に優しくない町、浦賀。

海が見たくて、来ました。
三浦半島。

Kannonzaki_019



黒船、
ペルリですよ!!!
















最初の目的地はこちら

Kannonzaki_064
                京急観音崎ホテル


駅からの無料バスに乗ったら
(何の案内もないけれど
洋風な郵便局の前が乗り場です)
「バイキングは45分待ちだよ」
と運転手さんに言われましたが・・・

SPASSOと浜木綿のランチバイキングのセット券
3,500円をSPASSOで購入すると
すぐに席に着けました、
Lucky!!

思ったより種類豊富なバイキング

Kannonzaki_020
一気に3皿
右奥から
前菜の皿。
わかめとかつおのサラダは
かつおが新鮮さ感じず、
生臭い。
野菜は普通。
カップは肉団子スープ
肉団子が柔らかくてなかなか、
味は濃い目。

メインの皿。
豚角煮→最初柔らかさに満足しあmしたが、脂っぽすぎで完食出来ず。
グラタン→生焼け
棒々鶏→しょっぱい
魚介のトマト煮?→味がない…
鶏手羽→甘辛しょっぱい
たらもサラダ→印象なし

炭水化物の皿。
すし→ややかぴかぴ乾いてる。
シンガポール風ヤキソバ→ 麺は太め、固さもいい感じ
ややエスニック味
奥の卵はナシゴレン?→チリソースで濁してナシゴレン?とは別物
ドライカレー?→意外と辛い、甘いが辛い、これはまぁまぁ。
筍ごはん→筍結構入っているのにあまり味せず・・・

Kannonzaki_021
                  デザート
チーズケーキは粉っぽく、プリンもダマダマでどちらも食べられたものでなく
カスピ海ヨーグルトがほっと出来る味!!!

総評;正直激マズです!!!
海を、風景を楽しむ。
その一言。

まずくてもこれだけ食べればお腹は満腹に。

さぁ~~~~~!!!
イザ、海へ!!!


Kannonzaki_022 Kannonzaki_023
Kannonzaki_024

青い!!!
見えるは房総半島!!!
風も気持ちイイ

不思議なモノがたくさん
Kannonzaki_027


オウムのようなダンゴ虫のような
そしてこの黄色の物体???

















Kannonzaki_028
              左下部分が上の写真でした

Kannonzaki_029


ぶどうのようなモノ
なんだろう?









Kannonzaki_031

これはちょっと固めのスポンジのようで
押すと穴からプシュっと空気と水が噴出します。







Kannonzaki_032
         泡で見づらくなってますが、赤い縦縞の水母

Kannonzaki_033
これも何かわからない

Kannonzaki_034                なかなか見事な海藻


Kannonzaki_040
                 カッパドキアみたい

Kannonzaki_043
              鮮やかな硝子、波で洗われ

Kannonzaki_046





苔の上で腕立て伏せはキモチいい










Kannonzaki_048
                  不恰好なハート

Kannonzaki_049
                兎の糞のような貝

Kannonzaki_050

Kannonzaki_053
                 赤の正体はこれ

岩の上を渡り歩き、うつぼを触りまくって
風を感じて
海を満喫!!!
Kannonzaki_055                 
                    横須賀美術館

Kannonzaki_058

Kannonzaki_059
子供達がつくったお花

この美術館の外観は洒落てます。
そして美味しそうなイタリアンAquqMareが
ミュージアムショップが楽しい。

ひととおり遊んだので
さぁさぁこちらへ

Kannonzaki_062
靴を下駄箱に入れ、鍵を受付に渡すと
タオル大小2枚と脱衣所のロッカーの鍵を頂けます

温泉はカモミールミストサウナ
ミネラル風呂
ラベンター風呂
1人用釜風呂?
寝風呂?これは体勢が合わなかった。
ジャグジーはボタン押すと1分位水圧スタート
洗い場も1人1人のスペースが広くゆったり
シャンプー類はPOLA
日本ブランドのコスメが合わない私ですが、
POLAは大丈夫だったので一時期使用してました。

脱衣所の体重計は体内年齢、筋肉量、脚点も測れる
筋肉量40.7%
脚点94はいいのか悪いのか全くわからない。
あ、書いてあった筋肉量は平均以上なのかな?

鏡前のコスメもPOLA

かなりゆっくり出来て
長椅子の上でしっかりストレッチ
これがかなり効きました。
数日体が軽かった!!!

混雑度も高くなく
清潔で
オススメです!!!
ただ、トイレが病院臭かった
芳香剤、アロマ系を置けばいいのに

帰りは市バスを

Kannonzaki_065




Kannonzaki_066 Kannonzaki_067

一車線でしかも結構古いトンネル
気分が上がる

行きの海沿いは本当に澎湖みたいで
涙が溢れそうでした。

もう夕方ですが、
春ですね
日が長くなったので
駄々をこねて次の地へ

Kannonzaki_068

          浦賀

Kannonzaki_069
Kannonzaki_070                   船を模った街灯

Kannonzaki                宮崎駿のアニメの世界のよう
                   これまた



Kannonzaki_072

やっと辿り着いた
西叶神社

Kannonzaki_073
Kannonzaki_074

Kannonzaki_009b Kannonzaki_010b
社殿内は見られなかったけれど
社殿外にも見事な彫りが


Kannonzaki_075                 立派な銀杏の木

レトロな建物が多いという町は
「・・・」どこのことやら

Kannonzaki_076
                辛うじて&ようやく発見

地図では湾を渡る橋が書いてあったように思うのですが
見当たらず・・・
そしたらこちら発見

Kannonzaki_077

150円

Kannonzaki_078                恐怖!!「定員3名」の橋

Kannonzaki_079

Kannonzaki_080
                 降り場で発見

Kannonzaki_082 シュール

Kannonzaki_084

こちらは東叶神社




















500段以上ある階段を上り・・・

Kannonzaki_085

Kannonzaki_086 Kannonzaki_087


勝海舟が断食修行をした地へ




















Kannonzaki_088                    鳶が飛ぶ

Kannonzaki_089

Kannonzaki_090

Kannonzaki_091

                 すっかり陽も暮れ

浦賀はがっかりです。
何も無い・・・
地ビールがありそうでない!!!
表示も不親切で
観光客に優しくない。
発展を拒んでいるような
取り残されたような町。
でも、それもいいのかもね。

京急で1時間ほど。
こんな近くに澎湖に似た町があったとは
また行きたいな!!!

S嬢お付き合いありがとう

| | コメント (0)

NaturalSweets5

April_2010_080
肥後のオニザキの胡麻
あんたがたどこさ
白胡麻太鼓(白胡麻、砂糖、水飴、アーモンド、大豆、食塩)
黒胡麻(黒胡麻、以下同じ)
白胡麻の方がちょっとあっさり。
胡麻胡麻しくて美味しい!!!
表参道のgrocery court Cerfevil
このお店、自然派食品の店のようで
結構添加物食品ばかりで
無添加のものを探すのにひと苦労。

April_2010_082


こちらはお馴染みNaturalHouseで購入。
カルアシのチミーパイは
1ヶにひとつぶ丸ごとアーモンド
南部小麦、国産バター、全粒粉、
レーズン、くるみ、アーモンド、岩塩
ちょっときな臭いかな…
いよかんコルネの方が好き
(南部小麦、国産バター、全粒粉、いよかんピール;国産無農薬いよかん、洗双糖、水飴、塩、)
げんきタウン
国産小麦のキャロットビスケ
(国産小麦、有機にんじん、砂糖、菜種油、食塩)
ほのかににんじん味、優しい味。

体に良い、といっても食べ過ぎ?
ぐふふ。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »